•  ≫ 
  • 総研トピックス

総研トピックス

SOUKEN トピックス第 226 号 ( 18.04.22 )

★☆育毛試験は夏にかけて実施すると良い?★☆

育毛試験を実施する上で良い時期はいつなんだろうか?

この話題は育毛試験を検討する方は1度は考える内容です。


諸説ありますが、人間にも動物のように毛替わりの時期があると言われてます。

その時期は、いつなのか、6月の梅雨時期、12月の寒い時期など・・・


その中でも有力と考えている説があります。

毛髪をはじめとする体毛は身体を守るために存在しているため、

弱い箇所に存在すると言われています。

当然、頭部はしっかり保護しなければならないので頭髪がありますね。

頭部は何から守られなければならないか。

物理的衝撃ともう1つ。

それは、紫外線です。

紫外線が強いアフリカに住んでいるアフリカ人の髪の毛は、

剛毛で癖が強く(パ○チパーマのように丸まっているので衝撃にも強そうです)、

かつメラノサイトからメラニンが出ているので真黒です。

その一方で、北欧や白色人種が住む地域は紫外線が弱いので、

当然、毛髪は猫っ毛と呼ばれる細い髪の毛で、メラニンが産生されないので

金髪、銀髪です。

これは、人間が進化する過程で環境に応じて獲得した特性と考えることが出来ます。


我々、日本人は基本的に髪の毛はメラニンがあって真黒で、白色人種と比べると

太い毛をしていると思います。

そう考えると、日本人のDNAに組み込まれた外的環境に対する情報は、

紫外線が強くなる時期、つまり夏場に毛髪は活発に成長する可能性がありますね。

ヘアサイクルの観点で、最低でも3カ月ぐらいの試験期間を設ける育毛試験。

そろそろ、準備の頃かもしれません。