★★<臨床試験>★★






アトピー性皮膚炎改善試験

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
化粧水の塗布によるアトピー性皮膚炎の諸症状改善 アトピー性皮膚炎の症状を有する男女 オープン試験 8週間
サプリメント摂取によるアレルギー性皮膚炎改善 アトピー性皮膚炎の方 プラセボ対照試験(2群間の並行群間法) 12週間
洗浄剤の皮膚への有用性試験 軽微から中程度のアトピー性皮膚炎の方 オープン試験 4週間
皮膚の水分量がスティンギング反応に及ぼす影響 ごく軽度のアトピー性皮膚炎の方 非盲検前後比較試験 1週間
スキンケア製品の塗布によるアトピー性皮膚炎の諸症状改善効果の評価 20歳以上59歳以下の日本人女性 軽症から中等症のアトピー性皮膚炎を有する方 前後比較試験 4週間
ジェルの塗布によるアトピー性皮膚炎の方を対象とする乾燥症状改善効果 20歳以上65歳以下の日本人男性及び女性 アトピー性皮膚炎又は乾皮症を有し、炎症を伴わない乾燥部位を左前腕内側部に有する方 前後比較試験 4週間
サプリメントの摂取によるアトピー性皮膚炎様諸症状の改善効果の評価 同意取得時の年齢が20歳以上59歳以下の日本人男性及び女性 アトピー性皮膚炎の症状のある者 前後比較試験 8週間
アトピー性皮膚炎の乳幼児を対象としたスキンケア製品の使用による有効性および安全性の検証 アトピー性皮膚炎の乳幼児 前後比較試験 4週間

広告掲載試験

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
超音波歯ブラシが歯周ポケットに及ぼす影響 ・歯垢が気になる者
・食べ物が歯の隙間にはさまりやすい者
・歯周病(歯肉炎、出血)が気になる者
・試験期間中、毎食後約4分試験品(超音波歯ブラシ)の使用が可能な者
・1日3回(朝昼晩)食事を摂取する者
  ・広告掲載可能な者
オープン試験 4週間
EMS機器の使用による痩身効果の検証 ・BMIが25?30の者
・運動不足を自覚している者
・広告掲載可能な者
オープン試験 4週間
美容液、美容ジェルの塗布による使用感調査 ・自宅にて、毎日、指定美容液・ジェルを使用できる者
・使用状況をデジタルカメラで撮影し、送付できる者
・35歳以上45歳以下の女性
南関東地区 10日間
DHAサプリメント摂取による使用感調査 ・DHAという成分を知っていて、DHAのサプリメントに興味がある者
・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県のいづれかに居住している者
・30歳以上69歳以下の日本人男性及び女性
日本国内 12週間
エクササイズダンスによる運動効果の評価 ・肌や二の腕のたるみを感じる者
・3週間毎日30分程度DVDエクササイズが可能な者
・30歳以上55歳以下の日本人女性
前後比較試験 3週間
広告出演を前提にしたダイエット改善アンケート ・同意取得時の年齢が30歳以上69歳以下の日本人男性及び女性
・以下都道府県に居住している者(埼玉県千葉県東京都神奈川県)
・広告掲載可能な者※掲載条件(服装:肌の露出なし/写真:顔含む全身人特定あり)/名前:実名あり/年齢:実年齢/住所:都道府県まで)
前後比較試験 4週間
美容器具使用によるリフトアップ効果の評価 ・肌のたるみを感じる者
・テレビ通販、カタログ、ホームページなどの広告物への掲載可能な者(掲載条件>服装:肌の露出なし/写真:顔のみ(本人特定あり))
・30歳以上49歳以下の日本人女性
前後比較試験 4週間
美容ローラによる肌諸症状改善試験 ・現在、美容ローラを使用してない者
・肌のカサつきが気になる者
・30歳以上、69歳以下の日本人女性
オープン試験 1日間
美容ローラーによる肌弾力性改善試験 ・現在、美容ローラを使用してない者
・肌のたるみが気になる者
・広告掲載可能な者
・40歳以上、69歳以下の日本人女性
オープン試験 1日間
美容ローラによる保湿性及び肌諸症状改善試験 ・現在、美容ローラを使用してない者
・肌のかさつきが気になる者
・広告掲載可能な者
・40歳以上、69歳以下の日本人女性
オープン試験 1日間
美容機器による肌諸症状改善試験 ・日常的に多少のストレスを感じている者
・冷えが気になる者
・寝不足気味の者
・クマが気になる者
・被験品を1日2回×5分ずつ(1日の使用時間:10分間)必ず使用できる者
・5歳以上34歳以下の日本人女性
非盲検前後比較試験 4週間
新規開発ファンデーションによる美肌効果の検証試験 ・化粧のりが悪いと感じている者
・30歳以上、49歳以下の日本人女性
前後比較試験 8週間
痩身用美容器具によるダイエット効果の検証試験 ・BMI値が20-22の者
・一日10分、指定の器具を使用して運動を必ずできる者
・20歳以上39歳以下の日本人女性
前後比較試験 4週間
EMS機器使用による痩身効果の評価 20歳以上59歳以下の日本人女性 前後比較試験 4週間
ヘアコンディショナーによる頭皮及びキューティクルへの効果検証 ・指定のヘアコンディショナーを一定期間使用できるもの
・40歳以上60以下の女性
前後比較試験 2週間
食品摂取による体表面温度上昇効果の検証(サーモ) 20歳以上60歳以下の日本人男性及び女性 前後比較試験 1日間
EMS機器使用による腹筋の運動量変化の検証 ・指定された器具を毎日、使用できる者
・腹のたるみが気になる者
・痩せたいという意思をもっている者
・体の一部(お腹まわり)が広告に掲載されることを承諾できる者
・20歳以上55歳以下の日本人男性及び女性
前後比較試験 1日間
ファンデーション塗布による化粧崩れの検証 ・ファンデーションを塗布した後、エアロバイクで10分運動できる者
・20歳以上55歳以下の女性
非盲検左右比較試験 1日間
ヘッドマッサージ機による頭部表面温度変化の検証 ・薄毛が気になっている者
・40歳以上60歳以下の男性
前後比較試験 1日間
除毛クリーム効果の検証(CCD撮影) ・脛毛が濃い者
・試験時に除毛クリームとカミソリにより脛毛処理をすることを承諾できる者
・40歳以上60歳以下の女性
前後比較試験 1日間
入浴剤使用による温浴効果の検証 ・冷え性を認識している者
・試験時に撮影したサーモ画像が広告に使用されることを許諾できる者
前後比較試験 1日間
サプリメント摂取によるダイエット効果の検証 ・BMIが25〜30の者
・ダイエットしたいと思っている者
・試験期間、生活リズムを崩さず、指定されたサプリメントを毎日飲み続けられる者
・20歳以上55歳以下の日本人男性及び女性
前後比較試験 4週間
ダイエット運動器具使用による効果測定   ・お腹まわりのたるみが気になる者
・運動不足を認識している者
・一定期間、指定の機器を毎日10分間使用できる者
・25歳以上60歳以下の日本人男性及び女性
前後比較試験 1日間
ファンデーション塗布による保湿持続性の検証 ・肌のかさつきが気になる者
・ファンデーション塗布後、8時間、一定の環境下で静かに待機できる者
・30歳以上49歳以下の日本人女性
非盲検左右比較試験 1日間

抗酸化作用の評価

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
施術による抗酸化能に与える影響 健康な男女 オープン試験 8週間
サプリメントの摂取による抗酸化能向上 健康な男女 オープン試験 10日間
寝具による抗酸化及びアンチエイジング 皮膚のたるみを自覚し、皮膚弾力性値が低い方 オープン試験(2群間の並行群間法) 4週間
サプリメント摂取による抗酸化及び肌の諸症状改善 肌のかさつき、たるみ、シミの気になる方 プラセボ対照試験(2群間の並行群間法) 12週間
海産物由来油脂の摂取による抗酸化作用 酸化ストレス度が高い男女 オープン試験 8週間
飲料の摂取による肌のアンチエイジング効果 肌のたるみを自覚し、皮膚弾力性値が低い女性 プラセボ対照二重盲検試験(3群間の平行群間法) 8週間
飲料の摂取による酸化ストレスマーカーによる評価 ストレスを抱える中高年世代 前後比較試験 8週間
喫煙前後の酸化ストレスに与える影響 喫煙者(1日あたり15本、喫煙歴15年以内) 前後比較試験 4週間
サプリメントの肌諸症状改善及び抗酸化力向上 肌のかさつきを感じる方 前後比較試験 4週間
サプリメントの摂取による抗酸化能向上と肌への影響 同意取得時の年齢が30歳以上65歳以下の日本人男性及び女性 BMI25以上の者 疲れやすい者 ライフスタイル(食生活・睡眠状況)が比較的に安定している者 非盲検群間比較試験 4週間

脳機能改善

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
食品の摂取による計算力向上 脳機能の衰えを感じる中高年男性 オープン試験 12週間
サプリメントの摂取による脳機能改善 物忘れの自覚症状を有する中高年男性 プラセボ対照二重盲検試験 12週間
サプリメントの摂取による計算力向上 記憶力で衰えを感じる中高年男女 オープン試験 4週間
サプリメントの摂取による脳機能改善 記憶力低下を自覚する40歳以上の男女 プラセボ対照二重盲検試験(3群間の平行群間法) 24週間
機能性食品の摂取による脳機能性改善 記憶力の衰えを自覚する健常な40代以上の男女 プラセボ対照二重盲検 8週間
食品の摂取による脳機能改善の検証 記憶力の低下を自覚する男女 オープン試験 8週間
食品の摂取による脳機能改善の評価 同意取得時の年齢が50歳以上70歳以下の日本人男性及び女性 物忘れの自覚症状を有する方または物忘れの自覚症状を有すると近親者、知人によって推薦された方 前後比較試験 8週間
飲料の摂取による脳機能改善の評価 同意取得時の年齢が50歳以上70歳以下の日本人男性及び女性 物忘れの自覚症状を有する方または物忘れの自覚症状を有すると近親者、知人によって推薦された方 プラセボ対照二重盲検群間比較試験 8週間
サプリメントの摂取による脳機能改善の評価 同意取得時の年齢が55歳以上85歳以下の日本人男性及び女性 物忘れを自覚する方 前後比較試験 8週間
機器による脳機能改善の評価 同意取得時の年齢が55歳以上85歳以下の日本人男性及び女性 物忘れを自覚する者 前後比較試験 8週間
機器による脳機能改善の評価 同意取得時の年齢が55歳以上85歳以下の日本人男性及び女性 物忘れを自覚する者 前後比較試験 8週間
飲料の摂取による脳機能改善の評価 同意取得時の年齢が50歳以上、70歳以下の日本人男性及び女性 プラセボ対照二重盲検群間比較試験 8週間
食品の摂取による脳機能改善の評価 同意取得時の年齢が50歳以上69歳以下の日本人男性及び女性 プラセボ対照二重盲検群間比較試験 16週間
食品の摂取による脳機能改善の評価 同意取得時の年齢が50歳以上69歳以下の日本人男性及び女性 プラセボ対照二重盲検群間比較試験 16週間
サプリメント摂取による脳機能改善の評価 同意取得時の年齢が50歳以上69歳以下の日本人男性及び女性 物忘れの自覚症状を有する者または物忘れの自覚症状を有すると近親者、知人によって指摘された者 二重盲検群間比較試験 16週間
食品の摂取による脳機能改善の評価 同意取得時の年齢が50歳以上69歳以下の日本人男性及び女性 プラセボ対照二重盲検群間比較試験 16週間
飲料の摂取による脳機能改善の評価 同意取得時の年齢が50歳以上、70歳以下の日本人男性及び女性 プラセボ対照二重盲検群間比較試験 8週間
サプリメント摂取による高次脳機能に及ぼす影響 同意取得時の年齢が51歳以上70歳以下の日本人男女 プラセボ対照二重盲検 24週間
サプリメントの摂取による脳機能改善の評価 記憶力低下を自覚する50歳以上の男女 非盲検群間比較試験 16週間
食品の摂取による脳機能改善の検証 同意取得時の年齢が55歳以上70歳以下の日本人男性及び女性 物忘れを自覚する方 非盲検群間比較試験 8週間
食品の摂取による脳機能改善の検証 同意取得時の年齢が50歳以上69歳以下の日本人男性及び女性 物忘れの自覚症状を有する者または物忘れの自覚症状を有すると近親者、知人によって指摘された者 前後比較試験 8週間
食品の摂取による脳機能改善の評価 同意取得時の年齢が50歳以上69歳以下の日本人男性及び女性 二重盲検群間比較試験 16週間
食品の摂取による脳機能改善の評価 記憶力の衰えを自覚する健常な40代以上の男女 二重盲検群間比較試験 16週間
食品の摂取による脳機能改善の評価 同意取得時の年齢が50歳以上79歳以下の日本人男性及び女性 二重盲検群間比較試験 3日間

食品機能性表示

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
健康食品の摂取による、血管弾性改善効果試験 基準該当被験者 東京 180日間
食品の摂取による血圧降下作用及び安全性の評価 同意取得時の年齢が40歳以上65歳以下の日本人男性及び女性 収縮期血圧が130mmHg以上139mmHg以下、もしくは拡張期血圧が85mmHg異常89mmHg以下の正常高値者 前後比較試験 12週間
食品の摂取による血圧用量設定試験 同意取得時の年齢が20歳以上64歳以下の日本人男性及び女性 正常高値血圧者又は?度高血圧患者 プラセボ対照二重盲検 12週間
被験食の過剰摂取安全性の評価 同意取得時の年齢が30歳以上69歳以下の日本人男性及び女性 プラセボ対照二重盲検試験(2群の並行群間) 6週間
血圧過剰摂取安全性試験 同意取得時の年齢が20歳以上64歳以下の日本人男性及び女性 正常高値血圧者又は1度高血圧患者(15名)・正常血圧者(15名) 前後比較試験 6週間
オリゴ糖粉末の摂取による便通改善の評価 同意取得時の年齢が20歳以上59歳以下の日本人男性及び女性 二重盲検クロスオーバー比較試験 6週間
過剰摂取試験 同意取得時の年齢が20歳以上64歳以下の日本人男性及び女性 前後比較試験 6週間
サプリメントよる抗酸化による肌症状改善 同意取得時の年齢が30歳以上60歳以下の日本人女性 肌荒れ症状を有する者 プラセボ対照二重盲検 8週間
食品の摂取による血圧降下作用の検証 正常高値血圧者又は?度高血圧患者 プラセボ対照二重盲検試験(2群の並行群間) 8週間

更年期不定愁訴改善

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
サプリメントの摂取による不定愁訴改善 更年期不定愁訴の自覚症状を有する女性 プラセボ対照試験(2群間の並行群間法) 4週間
サプリメントの摂取による更年期不定愁訴改善及びコレステロール低減 更年期不定愁訴を自覚する女性 オープン試験(2群間の並行群間法) 12週間
サプリメントの摂取による更年期不定愁訴軽減 更年期による不定愁訴を自覚する方 オープン試験 1週間
サプリメントの摂取による更年期不定愁訴改善の評価 同意取得時の年齢が40歳以上55歳以下の日本人女性 更年期不定愁訴を自覚する者 前後比較試験 8週間
サプリメントの摂取による更年期不定愁訴改善の評価 同意取得時の年齢が40歳以上55歳以下の日本人女性 更年期不定愁訴を自覚する者 前後比較試験 8週間
サプリメントの摂取による更年期における不定愁訴軽減効果の検討 同意取得時の年齢が40歳以上55歳以下の日本人女性 更年期不定愁訴を自覚する者 前後比較試験 4週間
サプリメントの摂取による更年期不定愁訴改善の評価 同意取得時の年齢が40歳以上55歳以下の日本人女性 前後比較試験 8週間

肝機能改善

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
食品の摂取による肝機能改善 飲酒習慣があり、γ-GT値が高い男性 オープン試験 4週間
サプリメントの摂取による肝機能改善 飲酒習慣のある男性 オープン試験 4週間
サプリメントの摂取によるアルコール代謝 飲酒習慣はあるが、顔が赤くなり弱い男性 プラセボ対照二重盲検試験(クロスオーバー法) 4週間
サプリメントの摂取によるアルコール代謝促進効果 ALDH2 欠損型の男性 クロスオーバー試験(群間試験) 4週間
サプリメントの摂取によるアルコール代謝促進効果 飲酒が可能で、週3から5日程度の飲酒習慣がある方 プラセボ対照二重盲検試験(クロスオーバー法) 2週間
食品摂取による飲酒負荷時のアルコール代謝動態調査 ALDH2*1/*1型ALDH2*1/* 前後比較試験 16週間
サプリメントの摂取による肝機能改善の評価 同意取得時の年齢が30歳以上65歳以下の日本人男性 日常的に飲酒している方 日本酒を好んで飲酒している方 前後比較試験 8週間
サプリメントの摂取による肝機能改善の評価 飲酒習慣のある30歳以上60歳以下の日本人男性 γ-GTPが高い者 プラセボ対照二重盲検群間比較試験 16週間
サプリメントの摂取によるアルコール代謝に及ぼす影響 同意取得時の年齢が20歳以上45歳以下の日本人男性 ALDH1/1およびALDH1/2の者 非盲検群間比較試験 1日間

血中コレステロール低減

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
食品の摂取による脂肪負荷でのコレステロール上昇抑制 総コレステロール値が200mg/dL以上の男女 プラセボ対照二重盲検試験(4群および2群間比較) 1日間
食品の摂取によるコレステロール低減 総コレステロール値が220mg/dL以上の方 プラセボ対照二重盲検試験(2群比較) 12週間
サプリメントの摂取によるコレステロール低減 総コレステロール値が220mg/dL以上の方 プラセボ対照試験(2群間の並行群間法) 12週間
サプリメントの摂取によるコレステロール・中性脂肪低減 総コレステロール値が220mg/dL以上の方 オープン試験 12週間
サプリメントの摂取によるコレステロール低減 LDL?コレステロールが140mg/dL以上の男女 プラセボ対照試験(2群間の並行群間法) 12週間
サプリメントの摂取によるコレステロール低減及び冷え性改善(レーザードップラー) 総コレステロール値が220mg/dL以上の男性 オープン試験 8週間
飲料の摂取によるコレステロール低減 総コレステロール値が220mg/dL以上の男性 プラセボ対照二重盲検試験(3群間の平行群間法) 8週間
サプリメントの摂取による更年期不定愁訴改善及びコレステロール低減 更年期不定愁訴を自覚する女性 オープン試験(2群間の並行群間法) 12週間
サプリメントの摂取によるコレステロール低減 総コレステロール値が220mg/dL以上の男女 プラセボ対照試験(2群間の並行群間法) 16週間
食品の摂取によるコレステロール低減作用の検証 総コレステロールが240mg/dL未満の男女 プラセボ対照試験(2群間の並行群間法) 6週間
サプリメント摂取によるコレステロール低減 総コレステロール値が220mg/dL以上の男女 プラセボ対照試験(2群間の並行群間法) 12週間
食品の摂取による血中コレステロール低減作用の検証 LDLコレステロールの高い方 オープン試験 8週間
サプリメント摂取によるコレステロール低減 40歳以上のLDLコレステロールの高い男女 オープン試験 8週間

抗疲労

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
発酵食品の摂取による運動時の血中乳酸値上昇抑制 普段運動をしない男性 オープン試験 1日間
植物由来ペプチド含有機能性食品の摂取による筋肉疲労軽減 運動習慣が無く運動負荷が可能な男性 オープン試験 4週間
抗酸化作用のある機能性飲料の摂取による運動負荷時の抗疲労効果 普段運動をしない健康な男性(運動負荷が可能な方) プラセボ対照二重盲検試験(クロスオーバー法) 2週間
サプリメントの摂取による腸内フローラ改善及び抗疲労 軽度便秘傾向の女性 普段、慢性疲労を自覚する者 オープン試験 4週間
機能性飲料の摂取による抗疲労効果 普段運動をしていない30代及び40代の男 プラセボ対照二重盲検試験(クロスオーバー法) 3週間
機能性食品の摂取による疲労回復 日頃から、体力的、精神的にも疲労を感じやすい方 オープン試験 4週間
栄養ドリンクの摂取による疲労に対する臨床効果の検討の評価 同意取得時の年齢が30歳以上65歳以下の日本人男性及び女性 前後比較試験 2週間
サプリメントの摂取による運動負荷による抗疲労効果の評価 同意取得時の年齢が40歳以上74歳以下の日本人男性 二重盲検クロスオーバー比較試験 1日間
サプリメント摂取による疲労感改善アンケート 日頃から、体力的、精神的にも疲労を感じやすい方 前後比較試験 2週間
栄養ドリンク剤の服用による疲労に対する臨床効果の検討 同意取得時の年齢が30歳以上64歳以下の日本人男性及び女性 前後比較試験 3週間
栄養ドリンク剤の疲労に対する臨床効果の検討 1)同意取得時の年齢が20歳以上64歳以下の日本人男性及び女性 2)日ごろから疲労感(肉体疲労又は精神疲労)を自覚している者 3)疲れが取れにくい者 4)すぐに疲れやすい者 前後比較試験 3週間
サプリメントの摂取による免疫力向上による疲労感回復効果の評価 同意取得時の年齢が30歳以上59歳以下の日本人男性 プラセボ対照二重盲検 4週間
ドリンクの摂取による運動疲労回復に対する効果検討 同意取得時の年齢が20歳以上39歳以下の日本人男性 日常的にスポーツを実施している健成人男性 単盲検群間比較試験 15日間
香りの抗疲労効果の検証試験 同意取得時の年齢が20歳以上60歳以下の日本人男性 非盲検クロスオーバー比較試験 17日間
飲料の摂取によるAT測定の評価 同意取得時の年齢が20歳以上50歳以下の日本人男性 単盲検群間比較試験 15日間

関節痛・腰痛軽減

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
サプリメントの摂取による関節痛軽減 膝関節の痛みを安静時および運動時において自覚する男女 プラセボ対照二重盲検試験 12週間
サプリメントの摂取による膝・腰痛改善 膝・腰痛を自覚する男女 オープン試験 8週間
飲料の摂取による膝関節痛改善 膝関節痛を自覚する男女 オープン試験 8週間
医療機器の使用による膝関節痛低減 膝関節痛のある男女 オープン試験 8週間
医療機器による膝関節痛軽減検証試験 膝関節痛を有する男女 オープン試験 2週間
サプリメントの摂取による膝関節痛軽減 膝関節痛を自覚する男女 プラセボ対照二重盲検試験(4群比較) 8週間
サプリメントの摂取による膝関節痛軽減 慢性的な膝関節痛を自覚する男女 オープン試験 4週間
機能性食品の摂取による膝関節痛軽減と肌諸症状改善 膝関節痛及び肌荒れを自覚する女性 プラセボ対照二重けん試験(2群間の並行群間法) 8週間
サプリメントの摂取による膝関節軽減 膝関節痛を自覚する女性 プラセボ対照二重盲検試験 12週間
医療機器の使用による膝関節痛軽減 膝関節痛を自覚する男女 オープン試験 1週間
サプリメントの摂取による膝関節痛軽減 慢性の膝関節痛を自覚する男女 プラセボ対照二重盲検比較試験 12週間
食品の摂取による膝関節痛軽減効果の検証 膝の痛み、関節痛に慢性的に悩んでいる方 プラセボ対照二重盲検試験 4週間
食品の摂取による膝関節痛軽減効果の評価 同意取得時の年齢が50歳以上歳以下の日本人男性及び女性 膝関節痛を自覚している方 プラセボ対照二重盲検 8週間
医薬品服用による慢性痛軽減試験 歩行時に足腰の痛みしびれを自覚している方 前後比較試験 7週間
食品の摂取による膝関節痛・腰痛軽減作用の検証 同意取得時の年齢が45歳以上、75歳以下の日本人男性及び女性 膝関節痛・腰痛を自覚する者 プラセボ対照二重盲検試験 12週間
サプリメント摂取による膝関節痛軽減作用の評価 同意取得時の年齢が45歳以上、75歳以下の日本人男性及び女性 安静時および運動時に膝関節痛を自覚している方 変形性膝関節症の注射薬や内服薬の投薬を受けていない方 関節リウマチの治療を受けていない方 プラセボ対照二重盲検 12週間

アルコール代謝

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
サプリメントの摂取によるアルコール代謝促進効果 週3日程度の飲酒習慣があり、顔が赤くなる方 クロスオーバー試験(群間試験) 4週間
飲料の飲用によるアルコール代謝促進 日常的に飲酒習慣のある男性 オープン試験(2群間の並行群間法) 1日間
サプリメントの摂取によるアルコール代謝 飲酒習慣はあるが、顔が赤くなり弱い男性 プラセボ対照二重盲検試験(クロスオーバー法) 4週間
サプリメントの摂取によるアルコール代謝促進効果 ALDH2 欠損型の男性 クロスオーバー試験(群間試験) 4週間
サプリメントの摂取によるアルコール代謝促進効果 飲酒が可能で、週3から5日程度の飲酒習慣がある方 プラセボ対照二重盲検試験(クロスオーバー法) 2週間
食品摂取による飲酒負荷時のアルコール代謝動態調査 ALDH2*1/*1型ALDH2*1/* 前後比較試験 16週間
食品の摂取によるアルコール代謝動態調査 同意取得時の年齢が20歳以上25歳以下の日本人健常男性 前後比較試験 24週間
食品の摂取によるアルコール代謝に及ぼす影響 週3〜5日間の飲酒習慣がある方 プラセボ対照二重盲検試験 6週間
サプリメント摂取によるアルコール代謝改善の検証 同意取得時の年齢が20歳以上、59歳以下の日本人男性及び女性 オープン試験 10週間
食品のアルコール代謝に及ぼす影響 20歳以上45歳以下の日本人男性 規定量の飲酒が可能な者(焼酎) 飲酒の際に顔が赤くなりやすい者 複数回の採血が可能な者 プラセボ対照二重盲検 1日間
サプリメントの摂取によるアルコール代謝に及ぼす影響 同意取得時の年齢が20歳以上45歳以下の日本人男性 ALDH1/1およびALDH1/2の者 非盲検群間比較試験 1日間

貧血症状改善

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
サプリメントの摂取による鉄吸収促進 貧血症状を有し、ヘモグロビンが12g/dL プラセボ対照試験(2群間の並行群間法) 8週間
食品の摂取による鉄欠乏性貧血の諸症状改善 貧血症状を自覚し、ヘモグロビンが12g/dL オープン試験 8週間

むくみ改善

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
サプリメントの摂取によるむくみ改善 むくみを感じている女性 オープン試験 4週間
サプリメント摂取によるむくみ改善 むくみを自覚する女性 オープン試験 2週間
食品の摂取によるむくみ改善 むくみを自覚する女性 オープン試験 4週間
美容機器による肌諸症状改善、痩身、むくみ改善 健常者 オープン試験 2週間
マッサージによるむくみ改善効果、痩身効果及び血流改善 30歳以上、35歳以下の女性 オープン試験 4週間

バストアップ

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
サプリメント摂取による豊胸試験 出産前後の女性 オープン試験 4週間
機器の使用によるバストアップ効果検証の検証 年齢が25歳以上39歳以下の日本人女性 オープン試験 4週間
食品の摂取によるバストアップの検証 年齢が20歳以上49歳以下の日本人女性 オープン試験 4週間

睫毛の評価

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
睫毛の育毛評価試験 睫毛貧毛を自覚する方 オープン試験 8週間

かゆみ改善

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
外用剤の塗布によるかゆみ改善 50歳以上、69歳以下の女性 二重盲検 4週間

外反母趾改善

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
外反母趾改善効果を期待する靴による効果検証 外反母趾を有する女性 オープン試験 4週間
外反母趾改善効果を期待する靴による効果検証 外反母趾を有する女性 オープン試験 4週間

性機能改善

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
抗酸化作用サプリメントの摂取による性機能改善 性欲・性機能の衰えを自覚する男性 オープン試験 4週間
滋養強壮作用サプリメントの摂取による性機能改善 性機能の衰えを自覚する男性 オープン試験 4週間

QOL評価試験

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
海産物由来サプリメントの摂取によるQOL評価 健康な男女 オープン試験 4週間

ビタミン濃度分析

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
飲料の摂取による血中のビタミンE濃度分析 年齢が20歳以上60歳以下の日本人男性及び女性 非盲検クロスオーバー比較試験 2週間

妊娠線改善

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
コラーゲン含有化粧品の塗布による妊娠線改善 妊娠線が目視確認出来る妊婦の方 プラセボ対照試験(2群間の並行群間法) 20週間
クリームの塗布による妊娠線予防効果の検証 同意取得時の年齢が20歳以上、35歳以下の日本人女性 妊娠中期で、産後2,3ヵ月までの経過観察に協力可能な者 オープン試験 12週間
マッサージによる妊娠線予防効果の検証 同意取得時の年齢が20歳以上、35歳以下の日本人女性 妊娠線が目視確認出来る妊婦の方 オープン試験 12週間

サプリメントの安全性評価

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
高度不飽和脂肪酸サプリメントの摂取によるコレステロールハイレスポンダーに対する安全性 総コレステロール値が220mg/dL以上 プラセボ対照試験(2群間の並行群間法) 12週間
脱毛機器の使用による安全性試験 肌トラブルのない男女 オープン試験 4週間
脱毛機器の使用による安全性 脛毛が多いと感じている男女 オープン試験 1週間
植物葉抽出エキス含有飲料の過剰摂取による安全性 健康な男女 プラセボ対照二重盲検試験(クロスオーバー法) 6週間
エキス粉末食品の長期摂取安全性試験 HbA1cが5.1以上6.4以下の男女 単盲検並行群間比較法 12週間
サプリメントの摂取による安全性 健常者 オープン試験 6週間
サプリメントの摂取による安全性 健常者 オープン試験 6週間
サプリメントの摂取による安全性 健常者 オープン試験 6週間
サプリメントの摂取による安全性 健常者 オープン試験 6週間
サプリメントの摂取による安全性 健常者 オープン試験 6週間
サプリメントの摂取による安全性 健常者 オープン試験 6週間
植物種子抽出物の摂取による安全性試験 健常者 オープン試験 4週間
サプリメントの摂取による安全性 健常者 オープン試験 6週間
サプリメントの摂取による安全性 22歳以上、61歳以下の日本人男性及び女性 オープン試験 4週間
食品の摂取による安全性試験 22歳以上、61歳以下の日本人男性及び女性 オープン試験 4週間
サプリメントの使用による安全性の検証 健常者 オープン試験 1日間
サプリメントの摂取による安全性の評価 同意取得時の年齢が20歳以上60歳以下の日本人男性及び女性 健常者(ここでいう健常者とは、重篤な臓器障害や特定の疾病がなく、それらに関連する治療を受けていない者および何らかの薬物療法を受けていない者とする。健常者に該当するか否かは、エントリー時における本人の申告を基準とする) 非盲検群間比較試験 2週間
サプリメントの摂取による安全性の評価 同意取得時の年齢が20歳以上60歳以下の日本人男性及び女性 前後比較試験 8週間
サプリメントの摂取による安全性の評価 同意取得時の年齢が20歳以上60歳以下の日本人男性及び女性 健常者※本試験における健常者とは、重篤な臓器障害や特定の疾病がなく、それらに関連する治療を受けていない者および何らかの薬物療法を受けていない者をいう。健常者に該当するか否かは、試験開始時本人の申告を基準とする。 前後比較試験 12週間
過剰摂取試験 同意取得時の年齢が20歳以上64歳以下の日本人男性及び女性 前後比較試験 6週間
サプリメントの摂取による過剰摂取安全性の評価 同意取得時の年齢が20歳以上59歳以下の日本人男性及び女性 非盲検群間比較試験 4週間
サプリメントの摂取による過剰摂取安全性の評価 同意取得時の年齢が20歳以上59歳以下の日本人男性及び女性 非盲検群間比較試験 4週間
サプリメントの摂取による過剰摂取安全性の評価 同意取得時の年齢が20歳以上59歳以下の日本人男性及び女性 非盲検群間比較試験 4週間
サプリメントの過剰摂取安全性の評価 同意取得時の年齢が20歳以上59歳以下の日本人男性及び女性 非盲検群間比較試験 4週間

腸内フローラ排便状況改善評価

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
サプリメント摂取による便通改善試験 便秘の方 オープン試験 6週間
サプリメントの摂取による便通改善 軽度便秘傾向者 クロスオーバー試験(群間試験) 8週間
サプリメントの摂取による整腸作用、肌諸症状改善(整腸作用) 軽度便秘傾向者 オープン試験 8週間
食品の摂取による便通改善 便秘気味の方 オープン試験(2群間の並行群間法) 4週間
食品による腸内環境改善 便秘の自覚がある女性 オープン試験 6週間
サプリメントの摂取による便通改善試験 軽度便秘傾向者 オープン試験(クロスオーバー) 4週間
サプリメントの摂取による腸内フローラ改善 軽度の便秘の女性 オープン試験 4週間
サプリメントの摂取による腸内フローラ改善 軽度便秘傾向の女性 乾燥を自覚する女性 オープン試験 8週間
サプリメントの摂取による腸内フローラ改善及び抗疲労 軽度便秘傾向の女性 普段、慢性疲労を自覚する者 オープン試験 4週間
サプリメント摂取による腸内フローラ改善 便秘の自覚がある女性 オープン試験 5週間
飲料による便通改善効果 軽度便秘傾向者 プラセボ対照試験(2群間の並行群間法) 6週間
サプリメントによる腸内フローラ改善 軽度の便秘の女性 オープン試験 4週間
サプリメント摂取による腸内フローラ改善 軽度便秘傾向者 オープン試験 5週間
食品による腸内フローラ改善及び免疫腑活 軽度便秘傾向者 普段疲れやすい者 オープン試験 4週間
食品の摂取による排便調査・腸内フローラ調査及び免疫腑活の検証 軽度便秘傾向者 疲れやすく、風邪をひきやすい者 オープン試験 2週間
食品の摂取による便性及び排便状況に関する改善効果の評価(整腸作用) 同意取得時の年齢が20歳以上60歳以下の日本人女性 前後比較試験 6週間
食品の摂取による便通改善性の用量設定試験(整腸作用) 軽度の便秘の方 オープン試験 4週間
食品摂取による便性および腸内環境に及ぼす影響の評価(整腸作用) 同意取得時の年齢が20歳以上50歳以下の日本人女性 前後比較試験 2週間
飲料摂取による整腸作用への影響評価(整腸作用) 同意取得時の年齢が60歳以上80歳以下の日本人男性及び女性 オープン試験 5週間
サプリメントの摂取による便通および腸内環境改善の評価(整腸作用) 同意取得時の年齢が20歳以上60歳以下の日本人男性及び女性 週の排便回数が2?5回の者 前後比較試験 4週間
乳酸菌(Lactobacillus plantarum 22A-3)の摂取による腸内環境および肌質改善評価 同意取得時の年齢が35歳以上49歳以下の日本人男性及び女性 プラセボ対照二重盲検 4週間
オリゴ糖粉末の摂取による便通改善の評価 同意取得時の年齢が20歳以上59歳以下の日本人男性及び女性 二重盲検クロスオーバー比較試験 6週間
食品の摂取による肌諸症状改善及び便通改善の評価 同意取得時の年齢が20歳以上59歳以下の日本人男性及び女性 プラセボ対照二重盲検 4週間
サプリメント摂取による整腸作用の評価 同意取得時の年齢が20歳以上59歳以下の日本人男性及び女性 プラセボ対照二重盲検 2週間
サプリメントの摂取による便通改善の評価 同意取得時の年齢が20歳以上59歳以下の日本人男性及び女性 前後比較試験 4週間

睡眠障害改善

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
サプリメントの摂取による睡眠障害改善 睡眠障害を自覚し、睡眠質問紙表でスコアが低い者 プラセボ対照二重盲検試験(2群間の並行群間法) 4週間
サプリメントの摂取による睡眠障害改善 普段から睡眠不足を感じている者 オープン試験 4週間
食品の摂取による睡眠障害改善及び安全性 睡眠障害を自覚する者 プラセボ対照二重盲検 8週間
食品の摂取による睡眠・肌症状・冷え性改善の検証 睡眠不足、冷え性、肌トラプル オープン試験 8週間
マットレスの硬さによる睡眠に与える影響評価の評価 同意取得時の年齢が30歳以上59歳以下の日本人男性及び女性 非盲検群間比較試験 2週間
乳酸菌の摂取による睡眠改善評価 同意取得時の年齢が45歳以上72歳以下の日本人男性 二重盲検クロスオーバー比較試験 8週間

冷え性改善、血流改善、体表面温度変化

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
布製品による血流改善 手足の冷えを自覚する女性 オープン試験 1日間
サプリメントの摂取による冷え症改善 手足の冷えが気になる女性 プラセボ対照二重盲検クロスオーバー試験 2週間
健康器具による血流及び体表面温度測定 健常な男女 オープン試験 1日間
サプリメントの摂取による体表面温度測定 手足の冷えを自覚している女性 オープン試験 2週間
ボディケア用品による血流促進及びセルライト改善 軽度肥満の女性 オープン試験 4週間
マッサージ施術による冷え性改善及び肌諸症状改善 冷え性を自覚する者 肌のかさつき、たるみ、シミの気になる女性 オープン試験 1日間
枕による体表面温度変化の測定 健康な男女 オープン試験 1日間
美容機器の使用による体表面温度 健康な男女 オープン試験 1日間
サプリメントの摂取による血流改善 健康な男女 オープン試験 4週間
サプリメントの摂取によるコレステロール低減及び冷え性改善(レーザードップラー) 総コレステロール値が220mg/dL以上の男性 オープン試験 8週間
医療機器の使用による血流改善 健康な男女 オープン試験 2週間
特殊加工下着による保湿性改善 肌の乾燥及び冷えを自覚する女性 オープン試験 8週間
美容機器による体表面温度測定及び不定愁訴改善 更年期不定愁訴のある女性 オープン試験 4週間
サプリメントの摂取による血流改善 MC-FANの通過速度が遅い男女 オープン試験 1週間
食品の摂取による血流改善試験 MC-FANの通過速度が遅い男女 プラセボ対照二重盲検試験 8週間
サプリメントの摂取による血流改善 血液流動性値の遅い男女 プラセボ対照二重盲検試験 2週間
弦楽器の使用による体表面温度変化の測定 冷え性を自覚する男女 非盲検クロスオーバー試験 2週間
美容機器の使用による血流改善 手足の冷えを自覚する女性 オープン試験 4週間
機能性食品の摂取による血流改善 手足の冷えを自覚する女性 プラセボ対照二重盲検試験 8週間
美容機器の使用による体表面温度変化測定(保温効果) 冷え性の者 ビキニ撮影が可能な女性 オープン試験 1日間
美容機器の使用による体表面温度測定 冷えを自覚する女性 オープン試験 2週間
ブレスレットの使用による血流改善 冷え性を自覚する女性 オープン試験 1週間
健康器具の使用による血流改善効果 冷え性を自覚している女性 オープン試験 4週間
クリームの塗布による血流改善 冷えを自覚し、レーザードップラー値が低い者 単盲検群間比較試験 4週間
新規素材上着着用による体表面温度測定 冷えを自覚する女性 非盲検群間比較試験 2週間
サプリメントの摂取による血流改善 手足の冷えを自覚し、レーザードップラー値が低い者 非盲検群間比較試験 1週間
化粧品の塗布による血流改善 手足の冷えを自覚し、レーザードップラー値が低い者 オープン試験 1日間
下着の着用による体表面温度測定 冷えを自覚する女性 オープン試験 4週間
ブレスレットによる体表面温度変化の検証 冷えを自覚する女性 非盲検クロスオーバー試験 1週間
運動機器の使用による体表面温度測定試験 普段運動をしない男女 オープン試験 1日間
マッサージ器による体表面温度測定 健康な男女 オープン試験 1日間
機能性飲料の摂取による血流改善 手足の冷えを自覚する女性 単盲検クロスオーバー試験 1週間
サプリメントの摂取による血流改善 手足の冷えを自覚し、レーザードップラー値が低い者 オープン試験 8週間
化粧品の塗布による血流改善 冷え性を自覚し、レーザードップラー値が低い者 オープン試験 4週間
化粧品の塗布による血流改善試験 冷え性を自覚する女性 オープン試験 1週間
サプリメントの摂取による血流改善 健常者 プラセボ対照二重盲検試験 8週間
美容機器による血流改善 健常者 オープン試験 1週間
食品の摂取による体表面温度変化の検証 健常な女性 オープン試験 1日間
機能性食品の摂取による冷え性改善及び肌諸症状改善 冷え性の女性 皮膚水分量、弾力性が低い者 オープン試験 4週間
サプリメント摂取による冷え性改善 冷え性を自覚する者 オープン試験 2週間
サプリメント摂取による冷え性と肌改善 冷え性とかさつきを自覚する方 オープン試験 4週間
食品の摂取による睡眠・肌症状・冷え性改善の検証 睡眠不足、冷え性、肌トラプル オープン試験 8週間
炭酸含有温水による血流改善効果の検証 冷え性を自覚している女性 単盲検試験 1日間
補正下着の着用による体表面温度変化の評価 同意取得時の年齢が20歳以上60歳以下の日本人女性 脱衣による撮影(下着も未着用。下半身後面。同性のスタッフによる撮影)に同意できる者 前後比較試験 1日間
クリームの塗布による体表面温度変化の評価 健常な日本人女性 手先の冷えを自覚している者 非盲検左右比較試験 1日間
シャワーヘッドの使用による肌・髪・血流改善効果および体表面温度変化の評価 同意取得時の年齢が30歳以上59歳以下の日本人女性 前後比較試験 4週間

血糖値低減作用の評価

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
α-グルコシダーゼ阻害活性作用を有するサプリメントの摂取による米飯負荷での血糖値上昇抑制 空腹時血糖値が100mg/dL以上140mg/dL以下の方 プラセボ対照二重盲検試験(クロスオーバー法) 4週間
α-グルコシダーゼ活性阻害作用を有するサプリメントの摂取による米飯負荷での血糖値上昇抑制 空腹時血糖値が100mg/dL以上140mg/dL以下の方 オープン試験(クロスオーバー) 4週間
α-グルコシダーゼ活性阻害作用を有するサプリメントの摂取による米飯負荷での血糖値上昇抑制 2型糖尿病境界者 プラセボ対照試験(2群間の並行群間法) 8週間
植物抽出エキス末含有サプリメントの摂取による糖負荷時での血糖値上昇抑制 空腹時血糖値が100mg/dL以上140mg/dL以下の方 プラセボ対照試験(2群間の並行群間法) 8週間
植物抽出エキス含有飲料の摂取による血糖値上昇抑制 HbA1cが6.4未満の男女 プラセボ対照試験(2群間の並行群間法) 4週間
α-グルコシダーゼ阻害作用を有するサプリメントの摂取による血糖値上昇抑制 2型糖尿病境界者 プラセボ対照二重盲検試験(クロスオーバー法) 2日間
植物抽出エキス末含有サプリメントの摂取による血糖値低減 HbA1cが5.2以上6.4以下の男性 プラセボ対照試験(2群間の並行群間法) 8週間
植物葉抽出エキス末含有サプリメントの摂取による血糖値上昇抑制、血中脂質低減、肌弾力性向上 HbA1cが6.4以下の男性 プラセボ対照試験(2群間の並行群間法) 8週間
αグルコシダーゼ阻害活性を有するサプリメントの摂取による糖負荷時における血糖値上昇抑制 HbA1cの6.4未満の男性 オープン試験 12週間
入浴による血糖値上昇抑制 空腹時血糖値が100mg/dL以上140mg/dL以下の方 オープン試験 6週間
発酵食品の摂取による血糖値上昇抑制 空腹時血糖値が100mg/dL以上140mg/dL以下の方 プラセボ対照試験(2群間の並行群間法) 12週間
植物抽出エキスサプリメントの摂取による血糖値上昇抑制 空腹時血糖値が100mg/dL以上140mg/dL以下の方 クロスオーバー試験(群間試験) 4週間
血糖値上昇抑制作用 空腹時血糖値が110mg/dL以上126mg/dL未満の方 ブラインド 7週間
血糖値低減作用 HbA1cが5.2以上6.4以下の男女 単盲検並行群間比較法 12週間
エキス粉末食品による血糖値低減作用 HbA1cが5.1以上6.4以下の男女 単盲検並行群間比較法 12週間
摂取による血糖値低減作用 HbA1cが5.1以上6.4以下の男女 単盲検並行群間比較法 12週間
摂取による血糖値上昇抑制 空腹時血糖値が110mg/dL以上126mg/dL未満の方 クロスオーバー試験(群間試験) 2週間
インスリン代替製剤投与による血糖値抑制作用 糖尿病の方 オープン試験 48週間
機能性食品摂取による負荷食摂取時の抗炎症並びに血糖値上昇抑制 BMI値が25.0以上の男女 オープン試験(2群間の並行群間法) 1日間
サプリメント摂取による血糖値コントロール HbA1cで正常高値〜糖尿病の方 一重盲検試験 12週間
血糖値高めの方を対象とした食品効能試験 基準該当被験者 東京 90日間
空腹時血糖値高めの方を対象とした食品効能試験 基準該当被験者 東京 90日間
健康食品による血糖・体脂肪軽減試験 基準該当被験者 東京 90日間
サプリメントの摂取による血糖値低減作用の評価 同意取得時の年齢が30歳以上50歳以下の日本人男性 BMI値が28.0以上32.0以下の方 前後比較試験 8週間
血糖値および血中インスリン濃度分析の評価 同意取得時の年齢が20歳以上60歳以下の日本人男性及び女性 健常者 非盲検クロスオーバー比較試験 1日間
食物繊維含有食品の摂取による血糖値の上昇抑制の評価 同意取得時の年齢が20歳以上49歳以下の日本人男性 健常者 複数回採血が可能な者 前後比較試験
食物繊維含有食品の摂取による血糖値の上昇抑制の評価 同意取得時の年齢が20歳以上49歳以下の日本人男性 健常者 複数回採血が可能な者 前後比較試験
サプリメントの摂取による血糖値および血中インスリン濃度分析 同意取得時の年齢が20歳以上49歳以下の日本人男性及び女性 健常者(本試験における健常者とは、重篤な臓器障害や疾病がなく、それらに関連する治療を受けていない者および何らかの薬物療法を受けていない者をいう。健常者に該当するか否かは、試験開始時本人の申告を基準とする) 留置針による複数回採血が可能な者 前後比較試験
サプリメントの摂取による血圧降下および血糖値低減作用の評価 同意取得時の年齢が40歳以上65歳以下の日本人男性及び女性 収縮期血圧が130mmHg以上139mmHg以下、もしくは拡張期血圧が85mmHg以上 89mmHg以下の者 血糖値境界域の方 非盲検群間比較試験 8週間
サプリメント飲用による血圧降下作用、血糖値低減作用を評価 収縮期血圧が140mg/dL以上159mg/dL以下、もしくは拡張期血圧90mg/dL以上99mg/dL以下の方 血糖値境界域の方 前後比較試験 4週間

血圧降下作用

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
食品の摂取による血圧降下 収縮期血圧が130以上159mmHg以下、もしくは拡張期血圧が85mmHg以上、99mmHg以下の正常高値及び1度高血圧者 プラセボ対照二重盲検試験(2群間の並行群間法) 8週間
サプリメントの摂取による血圧降下作用 収縮期血圧が130以上159mmHg以下、もしくは拡張期血圧が85mmHg以上、99mmHg以下の正常高値及び1度高血圧者 オープン試験 4週間
サプリメントの摂取による血圧降下 収縮期血圧が130以上159mmHg以下、もしくは拡張期血圧が85mmHg以上、99mmHg以下の正常高値及び1度高血圧者 オープン試験 4週間
食品の摂取による血圧降下作用の検証 軽度高血圧症の方 二重盲検試験 12週間
食品の摂取による血圧降下作用及び安全性の評価 同意取得時の年齢が40歳以上65歳以下の日本人男性及び女性 収縮期血圧が130mmHg以上139mmHg以下、もしくは拡張期血圧が85mmHg異常89mmHg以下の正常高値者 前後比較試験 12週間
サプリメントの摂取による血圧降下作用 収縮期血圧が130以上159mmHg以下、もしくは拡張期血圧が85mmHg以上、99mmHg以下の正常高値及び1度高血圧者 オープン試験(2群間の並行群間法) 12週間
サプリメントの摂取による血圧降下作用の検証 同意取得時の年齢が40歳以上、69歳以下の日本人男性 収縮期血圧が140mg/dL以上159mg/dL以下、もしくは拡張期血圧90mg/dL以上99mg/dL以下の方 オープン試験(2群間の並行群間法) 8週間
サプリメントの摂取による血圧降下作用 収縮期血圧が130から159mmHgの男女 前後比較試験 8週間
サプリメントの摂取による血圧降下および血糖値低減作用の評価 同意取得時の年齢が40歳以上65歳以下の日本人男性及び女性 収縮期血圧が130mmHg以上139mmHg以下、もしくは拡張期血圧が85mmHg以上 89mmHg以下の者 血糖値境界域の方 非盲検群間比較試験 8週間

眼精疲労軽減効果

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
サプリメントの摂取による目の調節力回復と眼精疲労軽減効果 慢性的な眼精疲労を自覚する男女 オープン試験 8週間
サプリメントによる眼精疲労及び調節機能回復 健常者 オープン試験 4週間
サプリメントの摂取による眼精疲労改善 VDT作業による慢性眼精疲労を自覚する方 オープン試験 8週間
食品の摂取による眼精疲労改善 VDT作業による慢性眼精疲労を自覚する方 プラセボ対照二重盲検試験(3群間の平行群間法) 8週間
食品の摂取による眼精疲労軽減及び調節力回復 慢性の眼精疲労を自覚する者 プラセボ対照二重盲検 2週間
サプリメントの摂取による目の機能性改善及び安全性の評価 同意取得時の年齢が20歳以上45歳以下の日本人男性及び女性 プラセボ対照二重盲検 6週間

筋肉運動量の評価

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
トレーニングシューズの使用による筋肉活動及び消費カロリー改善効果の評価 同意取得時の年齢が20歳以上40歳以下の日本人男性及び女性 前後比較試験 1日間

育毛効果の評価

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
育毛剤の塗布による育毛効果の評価 同意取得時の年齢が30歳以上59歳以下の日本人男性及び女性 薄毛を自覚する方 前後比較試験 20週間
シャンプーの使用による抜け毛防止効果の評価 同意取得時の年齢が30歳以上60歳以下の日本人男性 抜け毛が気になる方 前後比較試験 1週間
育毛剤の塗布による血流改善効果の評価 同意取得時の年齢が20歳以上59歳以下の日本人女性 前後比較試験 1日間
化粧品の塗布による育毛効果の評価 同意取得時の年齢が30歳以上60歳以下の日本人男性 二重盲検群間比較試験 10週間
被験品の使用による育毛効果の評価 薄毛の方、禿が少し見られる方 二重盲検群間比較試験 6週間
機器の壮年性脱毛症を有する者を対象とした臨床研究 同意取得時の年齢が20歳以上75歳以下の日本人男性 高島の分類で脱毛パターンに相当する方 各観察時で、調髪、染毛等の条件を一定にすることに同意可能な方 プラセボ対照二重盲検 26週間
育毛剤による育毛効果の評価 同意取得時の年齢が30歳以上65歳以下の日本人男性 薄毛を自覚する者 非盲検群間比較試験 24週間
医薬部外品の使用による育毛評価 同意取得時の年齢が30歳以上59歳以下の日本人男性 薄毛を自覚する者 前後比較試験 24週間
育毛剤の塗布による育毛効果の評価 同意取得時の年齢が30歳以上69歳以下の日本人男性 薄毛が気になる者 前後比較試験 12週間
育毛剤の塗布による育毛効果の評価 同意取得時の年齢が30歳カ月以上60歳カ月以下の日本人女性 頭頂部に軽度?中等度の髪の毛の薄い領域があり薄毛を自覚している者 専門家による局所毛髪カット(耳の付け根から水平に約7cm部分を約1.5cmx1.5cmを長さ約0.5mm程度を残しバリカン処理します。髪で隠れる程度です。)に同意可能な者 プラセボ対照二重盲検 24週間
育毛ローションの塗布による育毛効果の評価 同意取得時の年齢が30歳カ月以上69歳カ月以下の日本人女性 前後比較試験 24週間
育毛剤の使用による育毛評価 同意取得時の年齢が30歳以上59歳以下の日本人男性 薄毛が気になる者 前後比較試験 171日間
シャワーヘッドの使用による肌・髪・血流改善効果および体表面温度変化の評価 同意取得時の年齢が30歳以上59歳以下の日本人女性 前後比較試験 4週間
サプリメントの摂取および育毛トニックの塗布による育毛効果及び安全性の評価 同意取得時の年齢が30歳以上65歳以下の日本人男性 前後比較試験 24週間
サプリメントの摂取および育毛トニックの塗布による育毛効果及び安全性の評価 同意取得時の年齢が30歳以上65歳以下の日本人男性 前後比較試験 48週間
育毛剤の塗布による育毛効果の評価 同意取得時の年齢が30歳以上60歳以下の日本人男性 並行群間試験 12週間
スカルプローションの塗布による育毛評価 同意取得時の年齢が40歳以上59歳以下の日本人男性 二重盲検群間比較試験 114日間

染毛効果の評価

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
染毛剤の効果確認 頭髪の白髪を目視確認可能な方 オープン試験 1日間
塗布による白髪改善効果の評価 同意取得時の年齢が30歳以上59歳以下の日本人男性及び女性 白髪を自覚する方 前後比較試験 24週間
毛染の使用による染毛効果の確認の評価 同意取得時の年齢が45歳以上65歳以下の日本人男性及び女性 頭頂部分け目部分にサンプル写真と同程度の白髪を有する方 試験開始4週間前より白髪染めやカラーリングを行っていない方 前後比較試験 1日間
毛染剤の使用による染毛効果の確認の評価 同意取得時の年齢が45歳以上65歳以下の日本人女性 頭頂部分け目部分にサンプル写真と同程度の白髪を有する方 試験開始4週間前より白髪染めやカラーリングを行っていない方 試験期間中は、朝に被験品を塗布し、夜の入浴時まで洗髪をしないことに同意できる方 試験期間中の洗髪は、シャンプーは一度洗いにすること、また、トリートメントの使用は控える(コンディショナー、リンスの使用は可)ことに同意できる方 前後比較試験 1日間

ビタミンに関する評価

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
ビタミン摂取不足気味の方を対象として補助食品による改善効果検証試験 野菜不足を自覚し、二日酔いの経験者 プラセボ対照二重盲検試験(クロスオーバー法) 4週間

一重瞼改善効果の評価

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
美容製品の使用による一重瞼改善効果の評価 同意取得時の年齢が20歳以上25歳以下の日本人女性 完全に一重まぶたの方(まぶたが厚ぼったい方) 5日間

カルシウム吸収促進

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
発酵ドリンクの摂取による疲労回復及びカルシウム吸収促進 慢性疲労を自覚する男女 オープン試験 8週間
カルシウム吸収促進サプリメントの摂取によるカルシウム吸収促進 更年期の女性 オープン試験 8週間

体臭・加齢臭の抑制評価

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
デオドラント化粧品の塗布によるワキガ臭低減 ワキガの気になる男性 オープン試験 2週間
臭気成分のマスキング効果があるサプリメントの摂取による口臭、便臭、加齢臭の抑制 口臭測定値及び便臭測定値の高い男性 オープン試験 2週間
デオドラント化粧品の使用による体臭抑制 ワキガを自覚し、臭気判定士によって選抜された方 オープン試験 1週間
サプリメントの使用による抑臭効果の検証 ワキガの方 オープン試験 1週間
サプリメントの摂取による加齢臭の抑制 加齢臭の気になる方 オープン試験 4週間
石鹸の使用による加齢臭の検証 同意取得時の年齢が40歳以上の健康な日本人男性 加齢臭が気になるあるいは周囲の人に加齢臭を指摘された事がある方 オープン試験 4週間
ワキのアポクリン臭抑制効果 ワキガ症状の自覚がある方 他人からワキガ臭が強いと指摘を受けた事がある方 前後比較試験 4週間
足の匂いに対する消臭クリームの効果 ワキとアシ両方のにおいが気になる方 前後比較試験 2週間

皮膚の安全性の評価

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
ボディローションの塗布による安全性 皮膚過敏症でない健康な男女 オープン試験 3週間
消毒薬の使用によるヒト皮膚への影響の評価 同意取得時の年齢が20歳以上50歳以下の日本人男性及び女性 前後比較試験 1週間
洗顔フォーム、サンスクリーン剤の使用による皮膚の安全性評価試験 ざ瘡の方 同意取得時の年齢が20歳以上50歳以下の日本人女性 非盲検群間比較試験 4週間
おむつ使用の乳児を対象とした皮膚試験 指定おむつ使用の3-40カ月の乳児 単盲検クロスオーバー比較試験 6日間
サンスクリーン剤の塗布による皮膚の安全性の評価 同意取得時の年齢が0歳4カ月以上0歳11カ月以下の日本人男性及び女性 前後比較試験 2週間
温熱パックの使用による際の安全性の確認の評価 同意取得時の年齢が20歳以上59歳以下の日本人男性及び女性 前後比較試験 1週間
乳幼児を対象とした化粧品の塗布による皮膚の安全性の評価 同意取得時の年齢が0歳4カ月以上0歳7カ月以下の日本人男性及び女性 前後比較試験 2週間
乳幼児を対象とした化粧品の塗布による皮膚の安全性の評価 同意取得時の年齢が0歳2カ月以上0歳9カ月以下の日本人男性及び女性 前後比較試験 2週間
検体塗布時の皮膚残存量試験 左右前腕内側の毛が薄い者 前後比較試験 6日間

接触性アレルギー性試験

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
接触性アレルギー性試験 健常者 オープン試験 1日間

眼アレルギー症状の洗眼効果

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
眼アレルギー症状の洗眼効果 アレルギー症状を有する方 オープン試験 1日間

通年性アレルギー性鼻炎

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
サプリメントの摂取によるアレルギー抑制 通年性アレルギー性鼻炎諸症状を有する男女 オープン試験 4週間
サプリメントの摂取による通年性アレルギー性鼻炎症状軽減 通年性アレルギー性鼻炎諸症状を有し、非特異的Ig-Eが高い者 プラセボ対照二重盲検試験(2群間の並行群間法) 8週間
サプリメントの摂取による通年性アレルギー鼻炎の諸症状改善 通年性アレルギー鼻炎による諸症状のある男女 2群間の並行群間法 4週間
入浴剤の使用による鼻炎等効果検証 同意取得時の年齢が20歳以上59歳以下の日本人女性 普段、入浴(湯船につかる)している者 日常的に肉体疲労を感じている者 普段、睡眠が十分でないと感じている者 前後比較試験 1週間
食品の摂取による通年性鼻炎症状の改善試験 同意取得時の年齢が20歳以上60歳以下の日本人男性及び女性 通年性鼻炎症状を有する者 二重盲検群間比較試験 8週間

免疫関連(免疫腑活・免疫抑制)

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
サプリメントの摂取によるアレルギー抑制 通年性アレルギー性鼻炎諸症状を有する男女 オープン試験 4週間
サプリメントの摂取による免疫賦活作用 NK細胞活性値の低い男女 プラセボ対照試験(2群間の並行群間法) 8週間
サプリメントの摂取による免疫の活性化に関する評価 NK細胞活性値の低い男女 プラセボ対照二重盲検試験(4群比較) 8週間
サプリメントの摂取による免疫賦活 NK細胞活性値の低い男女 プラセボ対照試験(2群間の並行群間法) 8週間
サプリメントの摂取による免疫賦活 NK細胞活性値の低い男女 オープン試験 4週間
サプリメントの摂取による通年性アレルギー性鼻炎症状軽減 通年性アレルギー性鼻炎諸症状を有し、非特異的Ig-Eが高い者 プラセボ対照二重盲検試験(2群間の並行群間法) 8週間
サプリメントの摂取による通年性アレルギー鼻炎の諸症状改善 通年性アレルギー鼻炎による諸症状のある男女 2群間の並行群間法 4週間
サプリメント摂取による高齢者対象の免疫賦活 健常者 プラセボ対照試験(2群間の並行群間法) 12週間
食品による腸内フローラ改善及び免疫腑活 軽度便秘傾向者 普段疲れやすい者 オープン試験 4週間
食品の摂取による排便調査・腸内フローラ調査及び免疫腑活の検証 軽度便秘傾向者 疲れやすく、風邪をひきやすい者 オープン試験 2週間
サプリメントの摂取による免疫賦活作用の評価 同意取得時の年齢が30歳以上65歳以下の日本人男性及び女性 二重盲検群間比較試験 12週間
入浴剤の使用による鼻炎等効果検証 同意取得時の年齢が20歳以上59歳以下の日本人女性 普段、入浴(湯船につかる)している者 日常的に肉体疲労を感じている者 普段、睡眠が十分でないと感じている者 前後比較試験 1週間
食品の摂取による通年性鼻炎症状の改善試験 同意取得時の年齢が20歳以上60歳以下の日本人男性及び女性 通年性鼻炎症状を有する者 二重盲検群間比較試験 8週間

冷却素材の評価

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
冷却スプレーの体表面温度変化測定 20歳以上、35歳以下の男女 オープン試験 1日間

慢性痛軽減の評価

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
慢性痛軽減の評価 同意取得時の年齢が35歳以上70歳以下の日本人男性及び女性 体の部位で慢性痛を抱えている方 前後比較試験 8週間

生活全般の心理調査

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
生活全般に関する心理調査 同意取得時の年齢が20歳以上70歳以下の日本人男性及び女性 リサーチ地域不問 1日間

肌質疫学的調査

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
肌質に関する疫学研究の評価 色差計による肌色測定、皮膚水分蒸散量測定(ポータブル水分蒸散計)、皮膚水分量測定(SKICON-200EX)等による年代別男女を対象とする肌質に関する疫学研究 1日間
ナプキンの使用によるデリケートエリアへの影響評価 同意取得時の年齢が20歳以上39歳以下の日本人女性 前後比較試験 1日間

筋肉量改善効果

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
筋肉量改善効果の評価 BMI値が21.0以下の方 BMI値が22.0以下の方 二重盲検群間比較試験 12週間

視力矯正器具安全性

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
視力矯正器具の有効性・安全性 普段、(当該)視力矯正器具を使用している男性 プラセボ対照試験(2群間の並行群間法) 4週間
視力矯正器具における安全性 普段(当該)視力矯正器具を使用している男性 オープン試験 4週間

粘着剤安全性評価

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
粘着剤の安全性の評価 同意取得時の年齢が20歳以上60歳以下の日本人男性 肥満気味でウェストが100cm以上の方 前後比較試験 2週間

美顔器使用の安全性

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
美顔器の使用による皮膚の安全性の評価 同意取得時の年齢が20歳以上60歳以下の日本人女性 前後比較試験 1週間

シャワーヘッド

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
シャワーヘッドの使用による洗浄効果の評価 同意取得時の年齢が20歳以上60歳以下の日本人男性及び女性 前後比較試験 2週間
シャンプーおよびシャワーヘッドの使用によるフケ改善の評価 同意取得時の年齢が20歳以上60歳以下の日本人男性 前後比較試験 4週間

ダイエット・脂肪低減・痩身

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
食物繊維含有サプリメントの摂取による便通改善、ダイエット BMI値が22.0以上で、且つ便秘を自覚する女性 オープン試験 2週間
代替食によるダイエット BMI値が25.0以上の男女 オープン試験 2週間
脂肪燃焼サプリメントの摂取による体脂肪低減 BMI値が27.0以上の男性 オープン試験(2群間の並行群間法) 8週間
脂肪燃焼サプリメントの摂取によるダイエット BIMI値が25.0以上の男女 オープン試験 8週間
代替食の摂取による体重・体脂肪低減 BMI値が27.0以上で普段運動を全く行わない男女 オープン試験 8週間
代替食の摂取による体脂肪低減 BMI値が23.0以上の男女 オープン試験 4週間
補正下着による体型矯正 BMI値が23.0以上の女性 オープン試験 4週間
補正下着による痩身作用 BMI値が23.0以上の女性 オープン試験 4週間
代替食の摂取によるダイエット BIMI24以上の女性 オープン試験 12週間
脂肪燃焼サプリメントの摂取による体内動態 健康な男女 オープン試験 1日間
代替食の摂取によるダイエット BMI値が23.0以上の女性 オープン試験(2群間の並行群間法) 4週間
脂肪燃焼サプリメントの摂取による体脂肪低減 BMI値が25.0以上の男女 オープン試験 8週間
脂質代謝促進サプリメントの摂取による体脂肪低減 BMI値が23.0以上の男女 プラセボ対照二重盲検試験(クロスオーバー法) 16週間
アミノ酸含有サプリメントの摂取による抗肥満効果 BMI値が23.0以上の男女 オープン試験(2群間の並行群間法) 12週間
代替食品の摂取による体重低減 BMI値が23.0以上の男女 オープン試験 12週間
代替食の摂取によるダイエット BMI値が23.0以上の男女 オープン試験 12週間
フィットネス器具の使用による体脂肪低減 BMI値が23.0以上の男女 オープン試験 2週間
代替食の摂取によるダイエット BMI値が25.0以上の女性 オープン試験 10日間
植物抽出エキスサプリメントの摂取によるダイエット BMI値が25.0以上の女性 オープン試験 4週間
ダイエット健康器具によるシェイプアップ効果 BMI値が23.0以上の女性 オープン試験 4週間
代替食及びサプリメントの摂取によるダイエット BMI値が23.0以上の男女 プラセボ対照試験(2群間の並行群間法) 8週間
入浴による代謝促進 健康な男性 オープン試験 2週間
代替食の摂取によるダイエット BMI値が27.0以上の女性 オープン試験 4週間
脂肪代謝促進サプリメントの摂取によるダイエット BMI値が25.0以上の男性 オープン試験 10週間
脂肪燃焼サプリメントの摂取による抗肥満効果 BMI値が25.0以上で、普段運動はせず、通常の オープン試験 12週間
高度不飽和脂肪酸高含有食品の摂取による脂肪負荷での中性脂肪上昇抑制 中性脂肪値が150mg/dL以上400mg/dL以下の男女 プラセボ対照二重盲検試験(クロスオーバー法) 2週間
代替食の摂取によるダイエット BMI値が22.0以上の男女 オープン試験 4週間
脂肪吸収抑制作用を有するサプリメントの摂取による内臓脂肪低減 BMI値が25.0以上の男性 プラセボ対照試験(4群間の並行群間法) 11週間
代替食の摂取によるダイエット BMI22以上27未満の女性 オープン試験 4週間
美容機器の使用によるダイエット効果 ダイエットに興味があるBMI値が26.0以上の女性 オープン試験 4週間
代替食によるダイエット BMI値が26.0以上で、かつ中性脂肪値が150以上の男女 オープン試験 4週間
脂肪吸収抑制効果のある機能性飲料の摂取による内臓脂肪低減及び脂肪燃焼 BMI値が25.0以上の男性 プラセボ対照二重盲検試験(2群間の平行群間法) 16週間
脂質代謝酵素活性促進作用を有する植物抽出エキス含有飲料の摂取による中性脂肪低減 中性脂肪値が120mg/dL以上200mg/dL未満の男女 プラセボ対照二重盲検試験(4群比較) 8週間
痩身用ボディジェルの塗布によるダイエット効果 BMI値が25.0以上の女性 オープン試験 4週間
機能性飲料の摂取による体脂肪低減 中性脂肪値が150mg/dL以上400mg/dL以下の男女 プラセボ対照試験(2群間の並行群間法) 12週間
脂質代謝酵素の活性促進効果を有する機能性飲料の飲用による体脂肪低減 ウエスト周囲長が90〜110cmの男女 オープン試験 8週間
脂肪燃焼サプリメントの摂取によるエネルギー代謝 週4日以上運動を行っている男性 オープン試験(2群間の並行群間法) 4週間
燃焼系サプリメントの摂取による内臓脂肪低減 ウエスト周囲長が85cm〜100cmの方 ブラインド 8週間
代替食の摂取によるダイエット効果 ダイエットに興味があるBMI値が27.0以上の女性 オープン試験 8週間
植物葉抽出エキス含有サプリメントの摂取による体脂肪低減効果 BMI値が27.0以上で、且つ血中中性脂肪値が高め方 プラセボ対照二重盲検試験(4群比較) 8週間
痩身用ボディジェルの塗布による痩身効果 ダイエットに興味がある女性 オープン試験 8週間
脂肪燃焼促進サプリメントの摂取による食事負荷時のエネルギー代謝測定 BMI値が27.0以上の男女 プラセボ対照二重盲検試験(2群クロスオーバー法) 2週間
美容機器による痩身作用 BMI値が26.0以上の男女 オープン試験 4週間
機能性食品の摂取による代謝促進 BMI値が27.0以上の男女 プラセボ対照二重盲検試験(2群クロスオーバー法) 2週間
美容機器による痩身効果 BMI値が23.0以上27.0以下の男女 オープン試験 4週間
運動機器の使用による代謝促進 健常者 オープン試験 1日間
矯正下着着用前後のボディシルエット測定 健常者 オープン試験 1日間
ボディスリミング BMI値が19.0以上27.0以下、腹囲が65〜85?の男女 オープン試験 6週間
被験品の使用による代謝促進作用および痩身効果の検証 BMI値が23.0以上28.0以下の方 オープン試験 2週間
食品の摂取による痩身効果の検証 BMI値が25.0以上の方 オープン試験 4週間
矯正下着の着用によるデジタイザ撮影の検証 たるみを自覚する女性 オープン試験 1日間
健康器具の使用による痩身効果の検証 健常者 オープン試験 4週間
ダイエット食品プログラムのウエスト低減効果の検証 BMI値が25.0以上の日本人女性 オープン試験 4週間
機器の使用による運動効果の評価 同意取得時の年齢が20歳以上35歳以下の日本人男性 腹筋運動200回ができる方 盲検群間比較試験 1日間
サプリメントの摂取による痩身効果の評価 同意取得時の年齢が20歳以上39歳以下の日本人女性 BMI値が24.0以上27.0以下の範囲内の方 真剣にダイエットに取り組む意欲のある方 2ヶ月半で10kgの減量を目指す意欲のある方 試験期間中、3食のうち1食(基本的には夕食)を被験品に置き換えることに同意できる方 被験品に置き換えた以外の食事についても、栄養指導に従って適正な食事内容とすることに同意できる方 前後比較試験 10週間
EMS機器の使用による安全性及び痩身効果の評価 同意取得時の年齢が20歳以上40歳以下の日本人女性 BMI値が22.0以上25.0以下の方 試験期間中、決められた通りに被験品を使用できる方 前後比較試験 4週間
サプリメントの摂取による呼吸商に及ぼす影響 同意取得時の年齢が20歳以上39歳以下の日本人男女 スポーツなどの運動習慣がない方 健常者 前後比較試験 10日間
サプリメントの摂取による呼吸商に及ぼす影響 同意取得時の年齢が20歳以上39歳以下の日本人男女 スポーツなどの運動習慣がない方 健常者 前後比較試験 6日間
機器の使用による運動効果の評価 腹筋運動を1時間の休憩を挟んで3回(計450回)実施できる方 盲検群間比較試験 1日間
ダイエットサプリの摂取による痩身効果の評価 同意取得時の年齢が20歳以上50歳以下の日本人男性及び女性 野菜の摂取不足を自覚している者 BMIが23?30の者 前後比較試験 4週間
***の使用による痩身効果の評価 同意取得時の年齢が20歳以上49歳以下の日本人男性及び女性 BMIが22-25の者 前後比較試験 6週間
機器の使用による痩身効果の評価 同意取得時の年齢が30歳以上59歳以下の日本人男性及び女性 お腹のたるみに悩まれている方 前後比較試験 8週間
****の使用による痩身効果の評価 ・同意取得時の年齢が30歳以上59歳以下の日本人男性及び女性 前後比較試験 8週間
洗顔ブラシ及びマッサージの使用による痩身効果の評価 同意取得時の年齢が30歳以上39歳以下の日本人女性 前後比較試験 2週間
機器の使用による痩身効果の評価 同意取得時の年齢が20歳以上59歳以下の日本人女性 ダイエットに真剣に取り組む強い意思のある者 前後比較試験 4週間
内臓脂肪軽減評価 同意取得時の年齢が20歳以上59歳以下の日本人女性 前後比較試験 8週間
EMS機器の使用による痩身効果評価 同意取得時の年齢が30歳以上59歳以下の日本人男性及び女性 前後比較試験 8週間
サプリメントによる血中脂肪酸量の変化 BMIが25以上の20歳以上40歳以下の男女 前後比較試験 8週間
サプリメントの摂取による中性脂肪低減の評価 中性脂肪値が150mg/dL以上400mg/dL以下の男女 非盲検群間比較試験 8週間
食品油の摂取による血中脂肪酸分画の変化 中性脂肪値が120mg/dL以上200mg/dL未満の男女 非盲検群間比較試験 8週間
サプリメントの摂取による血中中性脂肪低減作用の評価 中性脂肪値が150mg/dL以上400mg/dL以下の男女 非盲検群間比較試験 4週間
機器の使用による体脂肪低減作用の評価 BMI値が27.0以上の男女 前後比較試験 4週間
サプリメントの摂取による血中脂肪酸4分画動態評価 中性脂肪値が150mg/dL以上400mg/dL以下の男女 非盲検群間比較試験 8週間
発酵素材の摂取による血中中性脂肪低減作用の検証 中性脂肪値が120mg/dL以上200mg/dL未満の男女 非盲検群間比較試験 8週間
食品の摂取による生活習慣病改善効果の評価 血糖値、中性脂肪、コレステロールが特保の境界域の方 前後比較試験 8週間
機器の使用による痩身効果の評価 BMI値が23.0以上27.0以下の男女 前後比較試験 8週間
サプリメントの摂取による痩身効果の評価 BMI値が21-25の女性 前後比較試験 3日間
美容機器の使用による痩身効果の評価 同意取得時の年齢が30歳以上49歳以下の日本人男性及び女性 前後比較試験 4週間
酵素ドリンクの摂取による痩身効果の評価 同意取得時の年齢が30歳以上49歳以下の日本人女性 前後比較試験 4週間
機器の使用による痩身効果の評価 健常者 前後比較試験 1日間

エステ施術ダイエット

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
エステ施術による体脂肪低減 BMI値が23.0以上の男女 オープン試験 4週間
エステ施術による痩身効果 BMI値が23.0以上28.0未満の男女 オープン試験 10週間

補正下着の体型矯正

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
矯正下着の使用による姿勢矯正および痩身効果の評価 同意取得時の年齢が30歳以上49歳以下の日本人女性 前後比較試験 4週間

中性脂肪低減

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
発酵食品の摂取による中性脂肪低減作用 中性脂肪値が150mg/dL以上400mg/dL以下の男女 プラセボ対照試験(2群間の並行群間法) 4週間
植物由来タンパク含有サプリメントの摂取による中性脂肪低減 中性脂肪値が150mg/dL以上350mg/dL以下の男女 プラセボ対照試験(2群間の並行群間法) 16週間
サプリメントの摂取によるコレステロール・中性脂肪低減 総コレステロール値が220mg/dL以上の方 オープン試験 12週間
高度不飽和脂肪酸含有サプリメントの摂取による脂肪食負荷での中性脂肪低減 中性脂肪値が150mg/dL以上400mg/dL以下の男女 プラセボ対照二重盲検試験(クロスオーバー法) 4週間
高度不飽和脂肪酸含有機能性食品の摂取による中性脂肪低減 中性脂肪値が150mg/dL以上400mg/dL以下の男女 プラセボ対照試験(2群間の並行群間法) 8週間
多糖類によるサプリメント摂取による中性脂肪低減 中性脂肪値が150mg/dL以上400mg/dL以下の男女 プラセボ対照二重盲検試験(3群間の平行群間法) 8週間
海産物由来サプリメントの摂取による中性脂肪低減 中性脂肪値が150mg/dL以上400mg/dL以下の男女 一重盲検試験 8週間
海産物由来サプリメントの摂取による中性脂肪低減 BMI値が27.0以上で、かつ中性脂肪値が150mg/dL以上の男女 オープン試験(2群間の並行群間法) 8週間
カロテノイド含有サプリメントの摂取による中性脂肪低減作用 中性脂肪値が120mg/dL以上200mg/dL未満の男女 プラセボ対照二重盲検試験(クロスオーバー法) 12週間
植物根茎抽出エキス含有サプリメントの摂取による中性脂肪低減 中性脂肪値が150mg/dL以上400mg/dL以下の男女 プラセボ対照試験(2群間の並行群間法) 8週間
植物抽出エキス含有サプリメント摂取による脂肪負荷での血中脂質代謝 中性脂肪値が150mg/dL以上400mg/dL以下の男女 プラセボ対照二重盲検試験(4群比較) 1日間
サプリメントの摂取による血中脂質低減作用 健常者 プラセボ対照二重盲検試験 8週間
サプリメントの摂取による血中中性脂肪低減 健常者 プラセボ対照二重盲検試験(4群比較) 12週間
食品の摂取による血中中性脂肪低減作用の検証 中性脂肪正常高値者 プラセボ対照二重盲検試験 8週間

内臓脂肪低減

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
内臓脂肪面積低減試験 健常者 オープン試験 2週間
脂肪代謝促進作用を有するサプリメントの摂取による内臓脂肪蓄積及びアンチエイジングの検証 BMI値が23.0以上30.0未満の男女 オープン試験(2群間の並行群間法) 18週間

肩こり改善

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
カロテノイド含有サプリメントの摂取による肩こり改善 肩こりを自覚する男女 オープン試験 4週間
抗酸化作用を有するサプリメントの摂取による肩こり改善 肩こりを自覚する男女 オープン試験 4週間
血流促進作用を有する機能性食品の摂取による肩こり改善 肩こりを自覚する女性 プラセボ対照二重盲験(2群間の並行群間法) 4週間
サプリメントの摂取による肩こり改善 肩こりを自覚する男女 オープン試験 4週間
サプリメント製品摂取による肩こり改善効果の評価 同意取得時の年齢が20歳以上59歳以下の日本人男性及び女性 前後比較試験 4日間

アレルギー性喘息症状改善

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
多糖類サプリメントの摂取によるアレルギー性喘息の諸症状改善 アレルギー性喘息症状を有する男女 プラセボ対照試験(2群間の並行群間法) 12週間

肺活量・酸素飽和度

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
矯正シートの使用による肺活量・経皮的動脈血酸素飽和度の影響 同意取得時の年齢が30歳以上45歳以下の日本人男性及び女性 健常者 前後比較試験 1日間

フェース体形の観察

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
フェース及び体形の観察 同意取得時の年齢が20歳以上79歳以下の日本人男性及び女性 アジア人以外の外国人 ハーフ(アジア人以外かつ地毛が金髪でない方) 前後比較試験 1日間

中性脂肪上昇抑制作用の検討

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
乳酸菌含有食品の摂取による中性脂肪上昇抑制 中性脂肪(TG)が50mg/dL以上149mg/dL未満の方 クロスオーバー試験 2週間

サプリメント摂取による成長ホルモンへの影響

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
ドリンクの摂取による成長ホルモンへの影響 同意取得時の年齢が30歳以上39歳以下の日本人女性 肌のかさつきを感じる者 二重盲検群間比較試験 2週間

血液検体提出

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
血液検体提出による安全性の評価 同意取得時の年齢が20歳以上35歳以下の日本人男性及び女性 健常者 前後比較試験
皮膚の常在菌分析 同意取得時の年齢が25歳以上45歳以下の日本人男性 前後比較試験 1日間
顔面常在菌採取・分析 同意取得時の年齢が25歳以上45歳以下の日本人女性 顔面常在菌採取・分析 1日間

血管機能向上の評価

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
サプリメントの摂取による血管弾力及び血管機能向上の評価 同意取得時の年齢が40歳以上64歳以下の日本人男性及び女性 プラセボ対照二重盲検 16週間

水虫(足白癬)症状改善効果

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
全身洗浄剤の塗布による水虫(足白癬)症状改善効果の評価 同意取得時の年齢が20歳以上59歳以下の日本人男性及び女性 プラセボ対照二重盲検 2週間

エクササイズによる運動効果の評価

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
エクササイズダンスによる運動効果の評価 ・同意取得時の年齢が30歳以上45歳以下の日本人女性 前後比較試験 4週間

安全性試験

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
サプリメントの過剰摂取による安全性の評価 健常者(本試験における健常者とは、重篤な臓器障害や疾病がなく、それらに関連する治療を受けていない者および何らかの薬物療法を受けていない者をいう。健常者に該当するか否かは、試験開始時本人の申告を基準とする) 非盲検群間比較試験 4週間

リラックス改善・抗ストレス評価

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
音響効果による脳波を指標としたモチベーション増幅に関する検討 ストレスによりモチベーションの低さを自覚する方 オープン試験 1日間
セラピー製品による脳波を指標とした癒し効果の検証 普段ストレスを自覚する男女 オープン試験 1日間
アロマ製品の使用による脳波を指標としたリフレッシュ効果 普段ストレスを自覚する男女 オープン試験 1日間
リラックス効果を期待するボディ用化粧品の使用による脳波を指標としたリラックス効果 普段ストレスを自覚する女性 オープン試験 1日間
アロマによるα波を指標としたリラックス効果の検証 普段ストレスを自覚する女性 オープン試験 1日間
美容機器の使用によるα波を指標としたリラックス効果 普段ストレスを抱えている女性 並行群間試験(2群) 1日間
美容機器の使用によるα波を指標としたリラックス効果 普段ストレスを自覚する男女 クロスオーバー試験(群間試験) 1日間
フィットネス機器の使用による脳波への影響 普段運動をしない男女 クロスオーバー試験(群間試験) 1日間
機能性飲料の摂取によるリラックス効果(脳波測定) 健康な男女 プラセボ対照二重盲検試験(クロスオーバー法) 1週間
クリーム使用によるリラックス効果 鼻炎・蓄膿症などがない方 オープン試験(クロスオーバー) 1日間
食品によるリラックス効果及び集中力向上の検証 健常男性(大学生、大学院生) プラセボ対照二重盲検試験(3群間の平行群間法) 4週間
被験品貼付によるリラックス効果の検証 日ごろストレスを感じている方 前後比較試験 1日間
飲料の飲用によるリラックス効果の検証 同意取得時の年齢が20歳以上、59歳以下の日本人男性及び女性 プラセボ対照二重盲検試験 8週間
外用剤の塗布による官能評価 同意取得時の年齢が20歳以上45歳以下の日本人女性 非盲検クロスオーバー比較試験 12週間
美容飲料摂取によるリラックス効果の検証 同意取得時の年齢が35歳以上、49歳以下の日本人女性 並行群間 4週間
空調機によるリラックス効果の評価 同意取得時の年齢が20歳以上50歳以下の日本人男性及び女性 非盲検クロスオーバー比較試験 1日間
日常的にストレスを感じている方を対象にしたリラックス効果の評価 同意取得時の年齢が20歳以上59歳以下の日本人女性 日常的にストレスを感じている者 非盲検クロスオーバー比較試験 1日間
ヒーター種類によるリラックス効果の評価 同意取得時の年齢が30歳以上59歳以下の日本人男性及び女性 非盲検クロスオーバー比較試験 3日間
サプリメントの摂取によるストレス軽減作用の評価 同意取得時の年齢が20歳以上49歳以下の日本人女性 日常的にストレスを感じている者 二重盲検群間比較試験 1週間
特殊素材含有タオルケットの使用によるストレス軽減の評価 同意取得時の年齢が30歳以上50歳以下の日本人男性及び女性 前後比較試験 1日間
サプリメントの摂取による抗ストレス効果確認の検証 同意取得時の年齢が20歳以上、59歳以下の日本人男性及び女性 社会的なストレスがあると感じている者 二重盲検クロスオーバー比較試験 3週間
フレグランスによるストレス改善・リラックス効果評価 同意取得時の年齢が20歳以上49歳以下の日本人女性 前後比較試験 1日間

糖尿病関連指標の改善効果の評価

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
低周波治療器の使用による糖尿病関連指標低減効果の評価 同意取得時の年齢が35歳以上70歳以下の日本人男性 血糖値やHbA1cが高めであると指摘を受けたことのある者 *HbA1cの数値がNGSP6.6-7.2(JDS6.2-6.8)%の範囲の者 1群:糖尿病の既往歴が3年以上、現在投薬中で、主治医より試験への参加同意が得られる者(3名) 2群:糖尿病の既往歴が3年未満で、投薬未実施の者(3名) 前後比較試験 9週間

口腔ケア評価

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
植物抽出エキス末含有サプリメントの摂取による歯肉炎改善 歯肉炎を有する男女 プラセボ対照試験(2群間の並行群間法) 4週間
口腔ケア製剤によるドライマウス改善 ドライマウスを自覚し、唾液量が少ない者 前後比較試験 4週間
歯の着色6種のホワイトニング試験 ホワイトニング等を行っていない者 前後比較試験 4週間
口腔ケア製品の使用による歯周病改善効果の評価 歯茎がぐらつく、歯茎から出血・膿が出るなどの自覚症状がある方 前後比較試験 4週間
トゥースペーストの使用によるドライマウス改善の評価 ドライマウスを自覚する方 口臭が気になる、もしくは指摘されたことがある者 前後比較試験 4週間
口腔ケア製品による歯周病菌に対するMIC試験 ドライマウスを自覚する方 口臭が気になる、もしくは指摘されたことがある方 歯周病菌を用いた微生物試験 4週間
サプリメントの摂取による口臭改善の評価(広告用) 同意取得時の年齢が50歳以上64歳以下の日本人男性及び女性 前後比較試験 4週間

使用感調査

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
クレンジングオイルの使用感調査 サンプル数:30 全国 3週間
クレンジングオイルの使用感調査 サンプル数:30 全国 3週間
クレンジングオイルの使用感調査 サンプル数:30 全国 3週間

ドライアイ改善効果

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
サプリメントの摂取によるドライアイ改善効果の検討 同意取得時の年齢が30歳以上59歳以下の日本人男性及び女性 ドライアイを自覚している者 眼鏡もしくは裸眼の者 プラセボ対照二重盲検3群間平行比較試験 8週間

サポーターの使用による基礎代謝効果

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
サポーターの着用による代謝効果の評価 同意取得時の年齢が35歳以上45歳以下の日本人男性 前後比較試験
矯正下着の着用による呼気代謝向上の評価 同意取得時の年齢が20歳以上59歳以下の日本人女性 前後比較試験 1日間

肌データ収集

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
肌状態の観察 同意取得時の年齢が20歳以上59歳以下の日本人女性 前後比較試験 1日間
化粧品の塗布による馴化状態での経時変化と保湿製剤塗布後の経時変化の評価 同意取得時の年齢が20歳以上59歳以下の日本人女性 非盲検対照比較試験 1日間
ひげ剃り前後の肌状態データ収集 同意取得時の年齢が20歳以上49歳以下の日本人男性 前後比較試験 1日間
ひげ剃り前後の肌状態データ収集 同意取得時の年齢が20歳以上49歳以下の日本人男性 前後比較試験 1日間

補整下着の使用による未着用と着用時の比較の評価

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
補整下着の使用による未着用と着用時の比較の評価 同意取得時の年齢が36歳以上64歳以下の日本人女性 前後比較試験 1日間

過剰摂取安全性

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
植物抽出エキス末含有サプリメントの過剰摂取による安全性試験 健康な男女 オープン試験 8週間
植物抽出エキス末含有うサプリメントの過剰摂取による安全性試験 健康な男女 オープン試験 6週間
植物抽出エキス末サプリメントの過剰摂取による安全性 健康な男女 プラセボ対照二重盲検試験(3群間の平行群間法) 8週間
ミネラルを強化した機能性飲料の過剰摂取による安全性 健康な男女 プラセボ対照試験(2群間の並行群間法) 8週間
植物抽出エキス含有機能性飲料の過剰摂取による安全性 健康な男女 オープン試験 6週間
ミネラル含有飲料の過剰摂取による安全性 健康な男女 プラセボ対照試験(2群間の並行群間法) 8週間
植物抽出エキス含有食品の過剰摂取安全性試験 空腹時血糖値が110mg/dL以上126mg/dL未満の方 プラセボ対照二重盲検試験 12週間
食物繊維配合サプリメント過剰摂取による安全性 健康な男女 オープン試験 6週間
果汁飲料の過剰摂取による安全性 健康な男女 オープン試験 6週間
過剰摂取安全性 40歳以上59歳以下の健常な女性 一重盲検試験 1週間
サプリメントの過剰摂取安全性試験 22歳以上、61歳以下の日本人男性及び女性 オープン試験 4週間
サプリメントの過剰摂取安全性試験 22歳以上、61歳以下の日本人男性及び女性 オープン試験 4週間
食品の摂取による過剰摂取安全性の検証 健常者 オープン試験 4週間
食品の摂取による過剰摂取安全性の検証 健常者 オープン試験 4週間
食品の摂取による過剰摂取安全性の検証 健常者 オープン試験 4週間
食品の摂取による過剰摂取安全性の検証 健常者 オープン試験 4週間
サプリメントの過剰摂取による安全性評価 同意取得時の年齢が30歳以上60歳以下の日本人男性及び女性 健常者 単盲検群間比較試験 4週間
サプリメントの摂取による過剰摂取試験 同意取得時の年齢が30歳以上60歳以下の日本人男性及び女性 健常者 通院・投薬等を行っていない者 非盲検群間比較試験 4週間
サプリメントの過剰摂取による安全性の評価 同意取得時の年齢が30歳以上60歳以下の日本人男性及び女性 非盲検群間比較試験 4週間
サプリメントの摂取による過剰摂取安全性の評価 同意取得時の年齢が30歳以上60歳以下の日本人男性及び女性 非盲検群間比較試験 4週間
過剰摂取安全性試験 同意取得時の年齢が30歳以上60歳以下の日本人男性及び女性 非盲検群間比較試験 4週間

ホルモンへの影響

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
サプリメント摂取によるホルモンへの影響 同意取得時の年齢が30歳以上39歳以下の日本人女性 二重盲検群間比較試験 2週間

手荒れ改善

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
ハンドクリームの塗布による手荒れ改善効果の評価 同意取得時の年齢が20歳カ月以上40歳カ月以下の日本人女性 手荒れを自覚している者 前後比較試験 12日間

ウォータープルーフテスト

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
化粧品のウォータープルーフテスト 同意取得時の年齢が20歳以上60歳以下の日本人男性及び女性 前後比較試験 1日間

有効性及び安全性

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
食品摂取後の胃内容物の量論的考察 同意取得時の年齢が20歳以上64歳以下の日本人男性及び女性 非盲検クロスオーバー比較試験 2週間

毛髪改善の評価

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
シャワーヘッドの使用による有効性確認の評価 同意取得時の年齢が20歳以上50歳以下の日本人男性及び女性 前後比較試験 1日間

血中動態

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
サプリメント摂取後の血中動態 健常者 オープン試験 3週間
サプリメント摂取による血中動態 健常者 オープン試験 3週間
食品の摂取による血中動態の検証 プレ試験に参加した方 オープン試験 1日間
食品の摂取による脂肪酸4分画の血中動態の検討の検証 プレ試験に参加した方 前後比較試験 1日間
サプリの摂取による血中動態の検証 同意取得時の年齢が20歳以上、59歳以下の日本人男性及び女性 オープン試験 1週間
ビタミンの摂取による血中のビタミンE濃度分析の評価 同意取得時の年齢が20歳以上60歳以下の日本人男性及び女性 健常者 非盲検クロスオーバー比較試験 1日間

皮膚安全性

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
機器の使用による皮膚の安全性の評価 同意取得時の年齢が20歳以上59歳以下の日本人男性及び女性 前後比較試験 2日間

使用感・嗜好性調査

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
化粧品の使用感・嗜好性調査 40-49歳女性 非盲検群間比較試験 10日間

記憶力・抑うつ効果

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
香り成分が記憶力と抑うつ感に及ぼす効果の検証 同意取得時の年齢が20歳以上45歳以下の日本人男性及び女性 非盲検クロスオーバー比較試験 3日間
香りが記憶力及び人的感性等に及ぼす影響 同意取得時の年齢が30歳以上45歳以下の日本人男性及び女性 非盲検クロスオーバー比較試験 3日間
香り成分が記憶力と抑うつ感に及ぼす効果の検証 同意取得時の年齢が20歳以上45歳以下の日本人男性及び女性 非盲検クロスオーバー比較試験 3日間

呼吸商

試験表題 試験対象 試験デザイン 試験期間
サプリメントの摂取による運動負荷時の呼吸商に及ぼす影響 同意取得時の年齢が20歳以上30歳以下の日本人男性 健常者 二重盲検クロスオーバー比較試験 3日間