論文実績

論文実績

・複数の語で検索する場合はスペースで区切ってください
自由検索


キーワード検索(試験対象者)


キーワード検索2(試験目的)


キーワード検索3(試験品成分)

該当件数 91件

 

論文リスト

番号 表題 要約 対象者等 掲載誌等
91 健常者を対象とした脳機能改善に及ぼすプラズマローゲン摂取の影響 ―無作為化二重盲検プラセボ対照並行群間比較― To examine the effects of plasmalogen on brain function, a randomized double︱ blind placebo︱controlled parallel group comparison study was conducted with 50 to 70 years old healty male and female who were aware of forgetfulness. Methods Plasmalogens used in this study were prepared from chicken breast meat, and were administered of low dose(1 mg plasmalogens╱day)to high dose(100 mg plasmalogens╱day) for 12 weeks to subjects. Results In Urbans neuropsychological test, significant scores were observed at the high dose and low dose groups compared with 12 weeks after intake to before intake in the overall evaluation item, respectively. Even in Cognitrax test, the score in some items increased significantly compared with before to after intake. The safety of plasmalogens was confirmed, because no adverse events were obserbed during this study. Conclutions It can be said that plasmalogens derived from chicken beast meat can be safely consumed in everyday diet and be expected to improve cognitive functions and prevent alzheimer disease. 対象者、主要評価項目、有効性成分 等 掲載誌、巻、号 等
90 ビルベリーエキスパウダー含有サプリメントの摂取による視機能改善効果の検証 Verification of Improve Visual Effect Function by Intake of Bilberry Extract Powder Supplement. 対象者、主要評価項目、有効性成分 等 掲載誌、巻、号 等
89 オリゴ糖粉末の摂取による便通改善の評価 −二重盲検クロスオーバー無作為化プラセボ比較試験− To evaluate the effect on bowel movements of ingesting a powdery supplement containing multiple oligosaccharides as a principal ingredient one package (5g in powder) once a day for two consecutive weeks for healthy male and female aged 20 to 59 years old who are mild constipation tendencies with 3 to 5 defecation frequency per week, a double-blind crossover randomized placebo-controlled comparative study was conducted. As a result of conducting a defecation survey (bowel movement and fecal property), improvement action of defecation amount and frequency was observed. There were no side effects or adverse events during the test period in adverse event survey, so the safety of powdery supplement containing multiple oligosaccharides as a principal ingredient was confirmed. 対象者、主要評価項目、有効性成分 等 掲載誌、巻、号 等
88 アスタキサンチン含有カプセル摂取が健常成人の肌に与える作用 30歳以上65歳以下の酸化ストレス度が高い健常男性を対象として、低用量(3.57 mg)に設定したアスタキサンチン含有カプセルを4週間連続摂取させた際の肌状態に与える作用と安全性について検討することを目的として、無作為化二重盲検プラセボ対照並行群間比較試験を実施し、肌検査(皮膚水分量、肌画像解析装置)を行った結果、保湿性(肌水分量)及び肌の「きめ」改善作用が得られた。また、有害事象調査及び臨床検査値について調べた所、試験期間中に副作用及び有害事象もなく、臨床検査値において問題となるような変動はなかったことから、アスタキサンチン含有カプセルの安全性が確認された。なお、本試験の実施にかかる費用は富士フイルム株式会社が負担した。 対象者、主要評価項目、有効性成分 等 掲載誌、巻、号 等
87 ピーチセラミドの過剰量での長期摂取による安全性の評価 過剰量に設定したピーチセラミドの12週間連続摂取(1日1カプセル)したときの安全性を調査するため、20歳以上65歳未満の健常な男女を対象として、オープン試験を実施し、理学的検査、臨床検査値、自他覚症状の与える影響について調べた所、理学的検査、臨床検査値において問題となるような変動はなく、その他、試験食に起因するような有害事象も確認されなかったことから、ピーチセラミドの安全性が問題ないことが確認された。 対象者、主要評価項目、有効性成分 等 掲載誌、巻、号 等
86 Effects of Collagen Tripeptide on Knee osteoarthritis in Humans and Animals. With the aim of determining the efficacy of collagen tripeptide(CTP) on knee osteoarthritis(OA), we conducted the following experiments: 1) assesment of CTP uptake into the arthrodial cartilage, 2) assessment of CTP administration into the arthrodial cartilage using knee OA model rabbits and 3) double-blind, placebo-controlled, randomised clinical trial in healthy human subjects. In the first experiment, the arthrodial cartilage exhibited high levels of radioactivity, demonstrating that the orally administered CTP was absorbed into the joint cartilage. In the model rabbits, the CTP-administered group had significantly milder symptoms in terms of cracks on the cartilage surface, cluster formation of cartilage cells and wear/loss of cartilaginous tissue. In the randomised control trial, CTP administration resulted in a significant improvement of hydrops and friction sounds. Furthermore, the subjects in whom CTP was administered tended to record better JKOM scores, confirming the improvement in QOL after the oral admistration of CTP. These results indicate the preventive/remedial effects of CTP on knee OA. 対象者、主要評価項目、有効性成分 等 掲載誌、巻、号 等
85 無作為化二重盲検比較法によるヒハツ抽出物含有粉末緑茶の正常高値血圧者ならびに掬拗盞谿擬圓紡个垢訥拘摂取時の血圧降下作用および安全性の検証試験 The efficacy and safety of powdered green tea containing long pepper extract for long term intake as a hypotensive agent was analyzed. The study, designed as a randomized double-blind placebo-controlled parallel-group study, was conducted in individuals with blood pressure in the high normal range and patients with first-degree hypertension. The subjects[60 subjects╱group, 120 subjects in total (male╱female=93╱27, age=26︱64 years old)]took either the test tea[powdered green tea containing 150 mg of long pepper extract(including 90μg of piperine)]or control tea(placebo; powdered green tea free of long pepper extract)once daily for 12 weeks. We observed systolic and diastolic blood pressures, side effect, adverse event, laboratory test data, body weight, and heart rate. The test tea group showed a significant reduction of both the systolic and diastolic blood pressures compared to the placebo group at each time-point of evaluation from Week 1 onward. The results from the stratified analysis by baseline blood pressure classification showed similar to all subjects. No adverse reactions were seen in any of the groups during the study period. These results confirmed that powdered green tea containing long pepper extract exerts a sufficient reduction of both the systolic and diastolic blood pressures, beginning from early as 1 week after the start of intake. Also no safety problems were observed. So, powdered green tea containing long pepper extract is expected to contribute greatly to primary prevention of hypertension. 対象者、主要評価項目、有効性成分 等 掲載誌、巻、号 等
84 4000 Hz の搬送波を用いた経皮的電気治療器における脳機能改善へのアプローチ 本スイープ変調波機器の8 週間の使用による脳機能改善について,アーバンス神経心理テストを用いた検証を目的とし,物忘れの自覚症状を有する55歳以上85 歳以下の日本人男女11 名について,オー プン試験を行った。その結果,本スイープ変調波機器には空間認識能 力や注意力をはじめとする脳機能に改善効果が確認された。また,8 週間の試験期間中に有害事象はまったく認められず,安全上の問題はなかった。 対象者、主要評価項目、有効性成分 等 掲載誌、巻、号 等
83 コラーゲンペプチド摂取による肌の改善効果―プラセボ対照二重盲検群間比較試験― Objective:Effects of fish-derived collagen peptide(FCP)on skin properties were incestigated. Methods:Placebo-controlled double-blind trial was conducted in Japanese women (35-65 years of age) wiht dry and saggy face skin.They ingested 5 g of placebo or FCP for 8 weeks, and skin properies and subjective feeling of skin conditions were examined before and after ingestion for 4 and 8 weeks. Fesults:Decrease of wrinkle number was sgnificantly lager (P=0.034) in the FCP group than in the placebo group at 8 weeks by sub-group analysis. In women with dry face skin, texture improved significantly (P=0.010) in the FCP group than in the placebo group, and number of red areas showed tendency of improvement (P=0.054) at 8 weeks in the FCP group subjective feeling of skin conditions at 8 weeks. Conclusions:Ingestion of FCP improve skin properties and subjective feeling of skin conditions. 対象者、主要評価項目、有効性成分 等 掲載誌、巻、号 等
82 乳酸菌発酵トマトエキスの摂取による便通と腸内フローラへの影響(学会発表) 本研究では、野菜や果実を風味良く発酵させる乳酸菌として選抜したペディオコッカス ペントサセウスOS株(*2)によりトマトエキスを発酵させた「乳酸菌発酵トマトエキス」の便通改善効果を検討しました。 便秘症状を示す20歳から50歳の女性22名を対象に、2週間の観察期間の後、乳酸菌発酵トマトエキスの粉末を1日1g、2週間連続して摂取してもらいました。便通への影響は排便日誌とアンケート調査により評価を行いました。また、観察期間、摂取期間終了時に採便し、腸内フローラの解析を実施しました。試験期間中は毎日食事調査を行い、各期間中の栄養量を計算しました(摂取エネルギー・たんぱく質・脂質・炭水化物・コレステロール・食物繊維)。 便通への影響を解析した結果、観察期間中と比較し乳酸菌発酵トマトエキスを摂取した期間(摂取期間)で、排便量、排便回数、排便日数が有意(p<0.05)に増加していることが認められました(図1)。また、腸内フローラに占めるビフィズス菌の割合も有意に増加していました(図2)。 さらに摂取期間終了時に実施したアンケート調査から、便通改善が有意に自覚されたことが認められました。食事調査の結果では、観察期間、摂取期間で摂取した栄養量に有意な変動が認められなかったことから、便通や腸内フローラへの影響は、乳酸菌発酵トマトエキスによるものであると考えられました。 対象者、主要評価項目、有効性成分 等 掲載誌、巻、号 等
81 スキンケア剤の塗布によるアトピー性皮膚炎患者における顔面の乾燥症状改善効果および安全性に関する検証 20歳以上59歳以下の日本人女性で、顔面に乾燥症状を有する軽症から中等症のアトピー性皮膚炎患者を対象として、3製剤(化粧水、乳液及びクリーム)の医薬部外品の塗布による顔面の乾燥症状改善について、1日朝晩の2回、4週間連続塗布させたオープン試験で調べた結果、以下のことが明らかになった。 1)3製剤の4週間塗布において、皮膚状態が悪化するような有害事象は見られず、安全率(「安全」「ほぼ安全」)が100%であり、被験品の安全性が確認された。 2)皮膚科専門医による皮膚症状所見で、乾燥、鱗屑、紅斑の症状が有意に改善した。 3)皮膚の保湿性(皮膚水分量)が3製剤を塗布することで有意に向上した。 4)肌のキメ(キメ体積率・キメ個数)が有意に改善した。 5) 以上より、3製剤はアトピー性皮膚炎患者に対して低刺激で安全性が高く、かつ1日2回の使用で肌の乾燥症状改善効果が期待出来ることがわかった。 対象者、主要評価項目、有効性成分 等 掲載誌、巻、号 等
80 Evaluation of Improvements in Skin Symptoms with Application of a Lotion Containing Gold Leaf We investigated the effects of topical application of a lotion containing gold leaf on skin symptoms in 11 Japanese women between the ages of 20 and 59 (mean, 47.5 ± 4.6years) with concerns about skin dryness and sagging. This was an open-label controlled study comparing the effects of a lotion with (test article) and without gold leaf (control), with application of each lotion on different sides of the face in the morning and at night for four consecutive weeks. The results showed that the test article significantily improved cutaneous water content, which reflected moisture retention in the skin, and cutaneous elasticity (return rate), suggesting that the gold leaf in the lotion improved moisture retention and elasticity of the skin. These effects were considered to be due to coating effects and the relaxing effects of gold leaf. We anticipate that the use of gold leaf-containing lotion will be a valuable approach in the cosmetology field. 対象者、主要評価項目、有効性成分 等 掲載誌、巻、号 等
79 Soy Peptide Dietary Supplementation Increases Serum Dopamine Level and Improves Cognitive Dysfunction in Subjects with Mild Cognitive Impairment The intake of soy peptide preparations composed mainly of di- and tri-peptides(Hinute,Fuji Oil Co.) is reported to modulate the levels of certain neuroactive amino acids in the adult mouse brain. The present study examined the effects of soy peptide supplementation on higher brain function. The subjects were 30 patients with mild cognitive impairment(soy peptide group : mean age : 58.1±1.7 years, n=15, placebo group : 58.9±1.8 years, n=15).Cognitive function was evaluated by the Japanese version of repeatable battery for the assessment of neuropsychological states (RBANS) at two time points : at baseline and after 8-week dietary supplementation of 8 g day soy peptides or placebo. Soy peptide supplementation significantly improved the delayed memory score and tended to improve immediate memory (score of story memory),compared with placebo. In addition,soy peptide intake significantly increased serum dopamine, which is associated with memory function, compared with the placebo. The results suggest that soy peptide supplementation can improve aging -related cognitive dysfunction. 対象者、主要評価項目、有効性成分 等 掲載誌、巻、号 等
78 二重瞼形成テープを用いた非侵襲式二重瞼形成におけるQOL向上の検証および二重瞼形成時の皮膚の物理的変化計測  一重瞼を有し、また一重まぶたにコンプレックスを抱く20代女性をターゲットに伸縮性をゆうする二重瞼形成テープを用いたQOL向上に関する調査および二重瞼形成状態における皮膚の物理的変化について計測した結果、以下の知見が得られた。  1)非侵襲および伸縮性を有する二重瞼形成テープを用いた二重瞼形成により、一重瞼に対するコンプレックスの解消等によるQOLの向上が確認された。  2)非侵襲および伸縮性を有する二重瞼形成テープの装着により、二重瞼の深さが従来品と比べて深く、より明確な二重が形成されることが確認された。  3)以上より、非侵襲および伸縮性を有する二重瞼形成テープを用いることで、美容外科手術と比べて被験者の負担が軽く手軽に利用することができる、安全、かつ効果の高い二重瞼形成が期待できることが考えられた。 対象者、主要評価項目、有効性成分 等 掲載誌、巻、号 等
77 食酢の飲酒後の血中アルコール濃度と味覚・嗅覚に及ぼす影響 日常的に飲酒している健常男性12名を対象に、クロスオーバー法によるプラセボ対照一重盲検臨床試験を実施した。食酢はりんご酢15mLをミネラルウォーター85mLで希釈して摂取させた。食酢摂取によって飲酒後の血中エタノールおよびアセトアルデヒドの濃度の上昇が抑制され、ピーク到達時間も遅延し、更に血中エタノール濃度においてはその曲線下面積までも抑制されることが明らかになった。官能検査においては、味覚・嗅覚共に食酢摂取によって全体的に低く推移した。特に、味覚については、飲酒によって感覚強度が飲酒2時間以降に増したが、食酢摂取によってこれらの変動が抑えられることが確認された。 対象者、主要評価項目、有効性成分 等 掲載誌、巻、号 等
76 「ヒアルロン酸とグルコサミンなどを含む栄養補助食品」の摂取による膝関節痛軽減作用の検証 膝関節痛の患者12名(男性5名、女性7名、平均57.1歳)を対象に、「ヒアルロン酸とグルコサミンなどを含む栄養補助食品」を1日2回(各3粒)、12週間摂取させるオープン試験を行い、摂取前後に変形性膝関節症機能評価法を用いて評価した。VASによる「痛みの程度」は摂取前41.1mm→12週後19.1mm、アンケートによる「痛みやこわばり」は19.0点→11.0点、「日常生活の状態」は17.8点→11.3点、「普段の活動など」は10.8点→7.2点、「健康状態について」は5.1点→3.7点といずれも有意に低下した。摂取1週後で3名が多少痛みが軽減したと回答し、効果を体感したのは摂取10日目が4名、12日目が1名であった。血液検査では、摂取前に比べ摂取12週後でヘマトクリット、平均赤血球容積、血小板数、クレアチニン、遊離脂肪酸が有意に上昇し、平均赤血球色素濃度が有意に低下したが、いずれも基準値の範囲内であり、有害事象の発生は認めなかった。 対象者、主要評価項目、有効性成分 等 掲載誌、巻、号 等
75 コラーゲンペプチド摂取による肌症状改善効果 コラーゲンペプチドの肌症状改善効果とその有効量を確認するため、35歳以上55歳以下の皮膚の諸症状が気になる女性を対象にコラーゲンペプチドを含有した飲料を1日に1本、8週間摂取させ、プラセボ対象二重盲検4群並行群間比較試験を実施した。最終的に解析対象となった120例で解析した結果、皮膚弾力性(戻り率)については、コラーゲンペプチド10g群とコラーゲンペプチド5g群がプラセボ群に比べて有意に増加(改善)した。さらにシワについては、シワ個数が多い被験者(シワ個数が0.67個/mm以上)を抽出して各群それぞれ集計したところ、プラセボを除くコラーゲンペプチド摂取したすべての群でシワ個数に減少傾向が認められた。このことから、コラーゲンペプチドを摂取することで、皮膚弾力性とシワに効果を示すことが明らかになった。またコラーゲンペプチドの有効量については肌の弾力性の結果から、1日5g以上摂取することが望ましいと考えられる。 対象者、主要評価項目、有効性成分 等 掲載誌、巻、号 等
74 気管支喘息患者におけるツロブテロールテープ2mg「HMT」への切り替えによる有効性および安全性に関する臨床研究 ホクナリンテープ2mgを4週間以上継続して貼付している気管支喘息患者を対象に、後発品であるツロブテロール2mg「HMT」に切り替えた際の有効性および安全性の変化を確認する目的で試験を実施した。1)有効性解析対象集団および安全性解析対象集団はともに31例であった。2)主要評価項目である起床時PEFは、後発品薬品へ切り替えた場合においても低下は認められなかった。3)副次的評価項目である就寝時PEFおよび気管支喘息重症度判定は、後発品薬品へ切り替えた場合においても低下は認められなかった。4)安全性において、有害事象は4例6件で認められたが、被験薬との因果関係は認められなかった。臨床および尿検査では特に問題となる変化はみられなかった。血圧および脈拍数についても、後発品薬品への切り替えによる変動は認められなかった。以上の結果より、ホクナリンテープ2mgからツロブテロールテープ2mg「HMT」に切り替えた場合において、各評価項目に大きな差はみられず、有効性および安全性に影響を与えない事が示された。 対象者、主要評価項目、有効性成分 等 掲載誌、巻、号 等
73 小児におけるグロビン蛋白分解物配合「ナップルGD」12週間摂取の安全性評価 今回、肥満度5%以上の健常児51例(9〜14歳、男性32例、女性19例)を対象として、グロビン蛋白分解物を配合した粒状の食品「ナップルGD」を12週間継続摂取したときの安全性を調べた。身体計測において、身長、筋肉量、腹囲は開始時とくらべて有意に増加し、BMIは変動しなかったが、肥満度は1.2%有意に減少し、体脂肪率も減少傾向を示した。さらに肥満度による層別解析を行ったところ、肥満度5%以上20%未満の肥満度低群においては肥満度の変動はみとめられず、体脂肪率は若干減少傾向を示したが、体重は有意に増加した。一方、肥満度20%以上の肥満度高度群は、体重は変動せず、肥満度が2.4%有意に減少し、体脂肪率も減少傾向を示した。試験期間を通じて、エネルギー量および栄養成分の摂取量に変化は認められなかった。自覚症状および医師による問診において有害事象に該当する所見はみられず、試験責任医師による概括安全度は被験者51例全例について安全であると評価された。以上の事から、グロビン蛋白分解物配合食品「ナップルGD」は小児が長期摂取しても安全性が高いことが示された。さらに、肥満度20%以上の被験者においては肥満度は減少し、小児肥満の予防に役立つ可能性が示唆された。 対象者、主要評価項目、有効性成分 等 掲載誌、巻、号 等
72 高次脳機能改善に対するPQQニナトリウム塩の効果(欧文掲載) A placebo-controlled,double-blinded study using RBANS was conducted with the participation of 65 japanese subjects between 50 and 70 years old who presented with self-identified forgetfulness or forgetfulness identified by a family member, colleague, or acquaintance .Subjects were givin PQQ alone or with CoQ10 for an extended 24-week period to investigate the ability of these regimens to improve higher brain function. PQQ was found to improve not only immediate memory, but also other higher brain functions such as spatial awareness. The effects of PQQ were enhanced when the substance was used with CoQ10. Effects were more pronounced in subjects with poorer baseline total RBANS scores. With no adverse evens reported during the study , no safety problems were identified 対象者、主要評価項目、有効性成分 等 掲載誌、巻、号 等
71 フルーツエキス発酵液を用いた化粧品および栄養補助食品の肌改善効果 フルーツエキス発酵液を用いた化粧品及び栄養補助食品による肌改善効果の検証を目的として、40歳以上の乾燥肌の悩みがあり、顔面にシミ、右目尻にシワがある日本人女性被験者に化粧品のみを4週間連続した場合と栄養補助食品の摂取と併用で連続4週間使用するオープン試験を行った結果、主観評価の肌アンケートにおいて「化粧のノリ」、「肌のたるみ」、「顔のくすみ」について、また、客観評価である「キメ」、「シミ」について化粧品単独および栄養補助食品と併用の両方で使用4週後に使用前と比べて改善が認められ、「シワ」については、併用によってのみ改善が見られた。また、自覚症状調査において試験前後で問題と考えられる変動はなく、有害事象に該当する報告もなかったことから本試験品の安全性が確認された。 よって、試験品であるフルーツエキス発酵液による化粧品を外側から塗布し、かつ栄養補助食品を内側から摂取することによって有効で、かつ安全な肌改善効果を期待することが出来る。 対象者、主要評価項目、有効性成分 等 掲載誌、巻、号 等
70 アスタキサンチンの肩血流量および肩凝りに対する影響 肩凝りを強く訴える成人健常者16名(男性3名、女性13名)を対象に、アスタキサンチン含有ソフトカプセルの肩凝りに対する効果を、オープンラベル法で探索的に検討した。アスタキサンチン6mg含有ソフトカプセルを1日1カプセル、4週間摂取させ、被験者アンケートと肩血流量の変化で肩凝りに対する効果を評価した。その結果、アスタキサンチン摂取後に「肩の凝り」、「眼の疲れ」および「眼のかすみ」を「感じる、非常に感じる」と回答した被験者は、接種前に比較して有意に減少した(χ二乗検定)。レーザードップラー血流画像測定の結果、接種後に有意な血流量の増加がみられた。試験期間中、試験食品に起因する有害事象は認められなかった。以上のことから、アスタキサンチンの摂取により、肩血流量が増加し、その結果肩凝りなどの自覚症状が改善する可能性が示唆された。 対象者、主要評価項目、有効性成分 等 掲載誌、巻、号 等
69 ふなずし由来乳酸菌NLB163のヒトに対するコレステロール低下作用 境界域および軽度高コレステロール血症者を対象として、ふなずし由来L. paracasei NLB163加熱死菌含有カプセル摂取による血清コレステロール低下作用の検証を目的とした二重盲検プラセボ対照並行群間試験を実施した。被験者にNLB163加熱死菌凍結乾燥菌末100mgを含有するカプセル(NBL163カプセル)または不含カプセル(プラセボカプセル)を1日6カプセル、6週間摂取させ、以下の結果を得た。(1)NLB163カプセル摂取により、摂取前に比べ、血清総コレステロール値は9.4%およびLDLコレステロール値は13.4%有意に減少し(各p<0.01、p<0.05)、ほとんどの被験者でこれらの値の減少が認められた。(2)NBL163カプセル摂取による副作用と考えられるような血液学検査値、血液生化学検査値および理学検査値の異常はみられず、また、診察所見および自覚的所見において、NLB163摂取によると考えられる有害事象は認められなかった。以上より、L. paracasei NLB163加熱死菌は境界域および軽度高コレステロール血症者に対し、有効なコレステロール低下作用を示し、副作用を示さないと判断される。 対象者、主要評価項目、有効性成分 等 掲載誌、巻、号 等
68 メリロートエキスとウラジロガシエキスなどを含む栄養補助食品の摂取によるむくみ改善と安全性 メリロートエキスとウラジロガシエキスなどを含む栄養補助食品によるむくみ改善及び安全性に関する検証を目的として、むくみ及び冷え性を自覚する25歳以上、50歳以下の女性被験者11名に連続4週間摂取させるオープン試験を行った。 その結果、1回3粒、1日2回摂取させることにより、長時間同じ姿勢による一過性のむくみに対して脹脛周囲長の増大を有意に緩和し、尿量を有意に増大させることによる改善が見られ、便通改善効果も併せて示唆された。また、血液検査及び自覚症状でも問題となるような変動はなく、有害事象に該当する報告もなかったことから、試験食品は利尿作用促進によるむくみ改善並びに便通改善効果を有する安全な栄養補助食品と考えられた。 対象者、主要評価項目、有効性成分 等 掲載誌、巻、号 等
67 一般用大柴胡湯の抗肥満効果 大柴胡湯の抗肥満効果と安全性を検証するため、BMIが23以上30以下の男女24名を対象に、大柴胡湯エキス錠を12週間摂取するオープン試験を実施した。その結果、体重、BMI、体脂肪量の身体計測値、ウエスト、ヒップ、左上腕、左右太股、左右脹脛の各サイズ、全体脂肪面積、内臓脂肪面積、皮下脂肪面積が摂取前に比べて摂取12週後で有意に低下した。また、医師による観察でも被験者に異常はみられず、大柴胡湯に抗肥満効果のあることが確認された。 対象者、主要評価項目、有効性成分 等 掲載誌、巻、号 等
66 カルシウム高含有食酢飲料の過剰摂取における安全性評価 カルシウム高含有食酢飲料の過剰摂取時における安全性について、健常成人男女40名を対象とし検証した。試験デザインは、プラセボを対照とした二重盲検並行群間比較試験で4週間の連続摂取により実施した。被験者40名を、被験食群20名(男性10名、女性10名)とプラセボ群20名(男性11名、女性9名)に分け、被験食群に、1本200ml当たり350mgのカルシウムを強化したカルシウム高含有食酢飲料を3本(カルシウムとして1,050mg、1日摂取目安量の3倍量)、4週間連続摂取させた。一方、プラセボ群には、カルシウムを強化していない食酢飲料3本を摂取させた。その結果、被験食の摂取により、身体的検査値、血圧、脈拍、血液検査、尿検査について、臨床的に問題となるような変動はみられなかった。また、自覚症状、問診から、本試験飲料と因果関係のある有害事象はみられなかった。以上のことから、本カルシウム高含有食酢飲料の過剰摂取時の安全性に問題がないことが示唆された。 対象者、主要評価項目、有効性成分 等 掲載誌、巻、号 等
65 動物とヒトにおける醤油由来の醤油多糖類の脂質低下効果 醤油に由来する醤油多糖類(SPS)の脂質異常症に対する効果をインビトロとインビボで検討した。その結果、SPSは膵リパーゼを抑制し、動物実験では高脂肪食品によってもたらされる血清トリアシルグリセロール(TG)の上昇を軽減することが判明した。また、健康な男性(TG<150mg/dl)に600mgのSPSとプラセボを2週間毎日摂取させるのプラセボ対照並行群間試験(各群ともn=5)を行った結果、摂取2週後に、高脂肪食品摂取の6時間後の血清TGの上昇について、試験品群はプラセボ群に比べ有意(p<0.05)に低かった。最後に、脂質異常の男性(TG>150mg/dl)を対象に600mgのSPSとプラセボを4週間毎日摂取させるのランダム化二重盲検プラセボ対照並行群間試験を行った(各群ともn=15)。その結果、血清TGの上昇について、試験品群はプラセボ群に比べ有意(p<0.05)に低かった。以上より、醤油に由来するSPSは脂質の吸収を低減させ、醤油は食事を通じて脂質異常症の治療に有効性をもちうる調味料であるといえる。 対象者、主要評価項目、有効性成分 等 掲載誌、巻、号 等
64 「ピュアレディ杜仲茶複合飲料」の抗メタボリックシンドローム効果と安全性 「ピュアレディ杜仲茶複合飲料」の抗メタボリックシンドローム効果と安全性をみるため、8週間摂取させるオープン試験を実施した。被験者は、ウエスト周囲径が 90-120cmで、トリグリセライド値が150-300mg/dLまたは総コレステロール値が 220-350mg/dLの高脂血症で、メタボリックシンドロームと判定された30歳以上55歳以下の女性であった。その結果、体重、BMI、体脂肪率、体脂肪量、筋肉量の身体計測値、収縮期血圧、ウエスト周囲径で、摂取前と比べ、摂取8週後に有意な低下がみられた。血液流動性(通過時間)についても、摂取前と比べ、摂取8週後に有意な短縮が見られた。摂取エネルギー量について、摂取前の1844kcal/dから摂取8週後に 1666kcal/dに低下したが、これは杜仲葉に含有される有効成分による摂食抑制作用による者と思われる。また、医師による観察でも被験者に異常はみられず、「ピュアレディ杜仲茶複合飲料」は、抗メタボリックシンドローム効果が期待できる安全な食品であると考えられた。 対象者、主要評価項目、有効性成分 等 掲載誌、巻、号 等
63 コエンザイムQ10含有食品の摂取による肌の諸症状改善効果の臨床的検討 32-49歳の肌の状態が気になる22名の女性を対象に、錠剤形状のコエンザイムQ10含有食品(CoQ10Tab)の肌の状態に対する作用を、非盲検非対照試験により検討した。8週間のCoQ10Tab摂取により、頬部皮膚水分蒸散量およびシワ・キメの状態において有意な改善を認めるとともに、副作用の発現はなかった。以上の結果は、CoQ10Tabが肌上の改善に対して有用なサプリメントであることを示唆していると考えられた。 対象者、主要評価項目、有効性成分 等 掲載誌、巻、号 等
62 アスタキサンチン含有ソフトカプセル食品の肩血流量及び肩凝りに対する影響  ‐パイロット試験‐:―パイロット試験― 肩凝りを強く訴える成人健常者 13 名(男性 3 名,女性 10 名)を対象に,アスタキサンチン含有ソフトカプセルの肩凝りに対する効果をオープンラベル法で探索的に検討した.アスタキサンチン 3 mg 含有ソフトカプセルを 1 日 2 カプセル,4 週間摂取させ被験者アンケートと肩血流量の変化で肩凝りに対する効果を評価した.その結果,摂取前後の比較で「肩の凝り」,「体の疲れ」,「いらいら感」,「手足の冷え」,「眼の疲れ」および「眼のかすみ」の自覚症状で有意な改善が認められた.また,レーザードップラー血流画像測定の結果,摂取後に有意な血流量の増加がみられた.安全性の確認のために摂取前後で血液検査を実施したが,臨床上問題となる異常変動はみられず,また試験食品に起因する有害事象も認められなかった.以上のことよりアスタキサンチンの摂取により,肩血流量が増加し,その結果肩凝りなどの自覚症状が改善する可能性が示唆された 対象者、主要評価項目、有効性成分 等 掲載誌、巻、号 等
▲ページトップ

 



( 1/4 )