グロッシーメーターGL200MP




このプローブは、光の反射量を測定します。表面の光沢は、その表面に当てられた光の直接反射量として表わすことができます。
プローブヘッド内部では、白色平行光(緑の矢印)が、皮膚表面に対して60°の角度で照射されます(黒い線)。その光は、一部は同じ角度で直接反射し(入射角=反射角)、一部は表面で吸収された後、散乱および反射します。
Skin-GlossymeterGL200は、直接反射光(反射チャンネル)と、光沢および散乱に関係する表面に映された光(拡散チャンネル)の双方を測定します。
白色平行光は、プローブヘッドに内蔵のLEDから発光されます。比較的小型で使いやすい測定ヘッド内部で60°の光を照射するために、光を0°で発した後、鏡を使って60°に反射しています。2つの個別の測定チャンネルで、直接反射光(入射角と同じ角度で鏡に反射されたもの)と拡散反射光(散乱されたもの)を測定します。散乱/拡散反射光は、全ての角度で同様に散乱することを仮定し、0°の位置で測定します(測定表面の垂直線上)。
Skin-GlossymeterGL200は、皮膚表面の光沢評価専用に作られています。皮膚は、構造や明るさのほか、色も異なります。DSC(散漫散乱補正)を行うことで、これらの差異が考慮され、ほぼ排除されるため、異なるスキンタイプ(色)の皮膚の光沢測定結果を高精度で容易に比較することができます。

1_2_150828155244.jpg


本機(プローブ)と主装置(MPA)をセットでレンタル致します。

1_3_150828155533.jpg